アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 栗城史多氏、左手指5本の手術終了を報告「諦めない」

栗城史多氏、左手指5本の手術終了を報告「諦めない」

 凍傷した両手の指9本を切断せずに再生治療に臨んでいる登山家の栗城史多氏(31)が2日、自身のフェイスブックで先月29日に左手の指5本の手術を終えたことを報告している。

 栗城氏は「『痛ーい』と聞いていましたが、想像していたよりも痛みはなく、今は落ち着いて自宅で静養中です」と明かすと、「29日午後の左手5本の指の手術は、無事に終えました そして今、再生因子(細胞外マトリックス)を指に付けています」と報告。

 手術については「かなり緊張しました」「わきの下に何本も麻酔を打たれ、ドクンドクンと波打つような痛みがあり、その後に左腕の感覚がなくなり、まるで左腕がなくなったかのようでした」と振り返りつつ、「ただ今回の手術は後ろ向きな手術ではなく、大きく前進するための手術です。今まで日本でほとんど行われることのなかった再生治療を行い、出来る限り指を再生させて、そして機能回復を目指します」と心境を綴った。

 右手でVサインする写真も掲載した栗城氏は、「僕の両腕はまだあります。両足と鼻の凍傷も完治しました。出来る事はまだたくさんあります。諦める必要はありません。指と一緒に、成長していこうと思います」と改めて決意。最後は「ついでに、再生治療で身長も伸びないかな…」と茶目っ気たっぷりの言葉でフェイスブックを結んでいる。

 栗城氏は、昨年8月末に4度目となる単独・無酸素エベレスト登頂に挑戦するも失敗に終わり、指9本を凍傷。今年4月に都内で行われたイベントでは、両手を包帯で覆って登場し、「どの医者にも無理と言われてきたが、再生治療に挑戦しています」と切断せずに治療していることを明かしていた。

オリコントピックス