アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 谷原章介VS原田泰造が演技バトル 警察小説『血の轍』連ドラ化

谷原章介VS原田泰造が演技バトル 警察小説『血の轍』連ドラ化

 俳優の谷原章介がWOWOWの連続ドラマW『血の轍』(2014年1月19日スタート、毎週日曜 後10:00スタート、全4話)に主演することが10月31日、わかった。同局で6月に放送された『震える牛』の原作者・相場英雄氏による同名警察小説(幻冬舎刊)を映像化。“刑事VS公安”、それぞれの正義を貫く2つの組織と、その間でもがく人間を描く。谷原演じる刑事部の兎沢と対立する公安部の志水役には、“朝ドラ”『ごちそうさん』(NHK)でのヒロインの父親役を熱演しているお笑いトリオ・ネプチューンの原田泰造が起用された。

 舞台は刑事部と公安部が陰に陽に対立する警察組織。かつて兄弟のように力を合わせて事件に挑んでいた2人の刑事、兎沢(谷原)と志水(原田)は、ある日を境に袂を分かつ。刑事部の兎沢は大きな悲しみを背負い、公安への憎悪を膨らませ、公安部に移った志水は、兎沢に刑事のイロハを叩き込んだ過去と決別し、職務に励んでいた。そして、元刑事が殺された事件が過去の未解決事件とつながり、それぞれの思惑と警察組織内での覇権争いが複雑に絡み合っていく。

 今作で谷原が演じる兎沢は「皆さんが抱いている自分のイメージ像をぶち壊す役に出会えました」と今までにない役柄にモチベーションは高まる。「今までの警察ドラマでもありそうでなかったので新鮮にうつりました。それぞれの正義のあり方は異なり、どちらが正しいとも正しくないとも言い切れません。原田さん演じる公安・志水との対決が今から楽しみです」と意気込んだ。

 二人のほかに、志水の上司・曽野役に高嶋政伸、警視庁特殊捜査班・坂上役に米映画『ウルヴァリン:SAMURAI』でハリウッドデビューを果たしたTAOが国内ドラマに初出演。脚本は『震える牛』と同じ篠崎絵里子氏が担当。監督は『アンフェア』シリーズの小林義則氏が務める。

 原作者の相場氏は同作について、「拙著の中でも一番スピード感がある作品。執筆時に著者の手がキーボードから離れない状態となったことを鮮明に記憶している。実際の映像でも、必ずや視聴者を画面に釘付けとすることは間違いないだろう」と映像化に期待を寄せている。



オリコントピックス