アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 黒木メイサ、初共演の竹野内豊に感激「こんなお兄さんいたら素敵」

黒木メイサ、初共演の竹野内豊に感激「こんなお兄さんいたら素敵」

 俳優の竹野内豊松山ケンイチ、女優の黒木メイサらが10月31日、東京・六本木のテレビ朝日でスペシャルドラマ『オリンピックの身代金』(11月30日、12月1日の2夜連続 両日とも後9:00〜)の制作発表記者会見に登壇した。竹野内演じる刑事の兄と、松山演じる容疑者の恋人との間で揺れるヒロインを演じた黒木は「私は女姉妹なので、兄の存在がどういうものかわからなかったけれど、竹野内さんのようなお兄さんがいたら素敵だなとすごく思いました」と感激の様子。さらに、「今回が初共演でしたが、ぜひまた共演させていただきたいと心から思いました」とラブコールを送り、竹野内を赤面させた。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、奥田英朗氏の傑作サスペンスが原作。東京オリンピック開催を間近に控えた昭和39年夏、相次ぐ国家への脅迫事件の犯人を追う刑事・落合昌夫(竹野内)と、彼に容疑者の一人として追跡される東大生・島崎国男(松山)の攻防戦を軸に、高度経済成長の陰で苦しむ人々と国家の対決を描く。

 この日の会見にはほかに、(以下五十音順)泉谷しげる柄本明大杉漣黒川智花斎藤工笹野高史沢村一樹速水もこみち原沙知絵が出席。主役級の俳優陣の共演も話題で、松山は「どのシーンにも主役級の役者が登場する中に、僕も入れたことを幸せに思います。最高の作品になっていると思います」と喜びをかみしめた。

 豪華キャストの姿を描いた最後の映画看板絵師・久保板観作の映画看板もお披露目され、竹野内は「銀幕のスターに憧れていたので、光栄です」。松山も「絶対、映画として公開したほうがいいと思いますよ。1800円出してもいいと思った」と思い入れたっぷりに熱弁していた。

 同作は、舞台となる昭和30年代の風景を求めて、名古屋、北九州、韓国ほか各地でロケを敢行し、随所にCGも活用して再現。黒木は「熱く一生懸命生きている男らしい男性がたくさん登場するので、平成の男子に観ていただきたい」と語り、竹野内は「非常に大きなスケールのドラマに仕上がっていると思います。楽しみにしていてください」と笑顔でアピールしていた。



関連写真

  • (左から)竹野内豊、黒木メイサ (C)ORICON NewS inc.
  • テレビ朝日スペシャルドラマ『オリンピックの身代金』制作発表記者会見に豪華出演者が勢ぞろい(前列左から)斎藤工、沢村一樹、松山ケンイチ、竹野内豊、黒木メイサ、速水もこみち、(後列左から)黒川智花、原沙知絵、笹野高史、柄本明、大杉漣、泉谷しげる (C)ORICON NewS inc.
  • 美脚を披露した黒木メイサ (C)ORICON NewS inc.
  • 古き良き時代風のポスター (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス