アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 結成20周年アンジャッシュが好調な秘訣とは? 児嶋仕事急増で渡部「バランスがすごくいい」

結成20周年アンジャッシュが好調な秘訣とは? 児嶋仕事急増で渡部「バランスがすごくいい」

 今年、結成20周年を迎えたアンジャッシュ。コンビで『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』(テレビ東京)などにレギュラー出演するほか、渡部建は優れたトークの技術や話題の豊富さでトーク番組に引っ張りだこ。児嶋一哉もバラエティー番組でキレ芸やいじられ役が定着しつつあり、NHKの大河ドラマ『龍馬伝』以降、ドラマや映画への出演も増え、俳優としても注目が集まっている。節目を迎えた現在の心境を本人たちに聞いた。

――今年は結成20周年ですね。
渡部「節目ということで、改まって振り返ってみると20年は長かったなと思いますよね。本当はライブでもできればよかったんですが…」

児嶋「よくよく考えると長いことやってきたなと思いますね」

――コンビそろって、かなりの活躍ぶりですね。
児嶋「それは、渡部が…」

渡部「いや、お前だって。僕はここ3年くらい変わっていませんから。児嶋の仕事が急激に増えましたよね」

――児嶋さんは、ご結婚(2011年9月)されてから、イジられキャラでブレークみたいな?
児嶋「たしかに、昔より仕事をいっぱいいただいて、ありがたいです。ただ根本的には何も変わっていないというか、最近、こういう芸風にしたわけでもなく、テレビの前で出さなかった部分がバレたというか、周りに見つけてもらったというか。結婚の時期と重なったのは、たまたまだと思います」

――20年、第一線で活躍し続ける秘訣は?
渡部「僕たちの仲が良くて20年続いたというよりも、各々の仕事もあって、コンビの仕事もあって、今、そのバランスがすごくいいんだと思います。児嶋も僕も、自分の持ち味を生かした仕事ができているな、って思えるので、コンビとしてもめようがないし、けんかしようもないですよね。いまや、自分に全部帰ってくるような環境が多いので、各々頑張るしかないという感じです」

児嶋「コンビでずっと一緒にいるより、俺らはいまくらいの距離感がいいのかな」

――今後の抱負は?
渡部「与えられた仕事を一生懸命やること。僕らも40代になるので、それなりに幅を広げていきたいと思いますし、コントのネタも作って発表していきたいですね」

児嶋「テレビにいっぱい呼ばれ続けるようにしたい」

――ちなみに最近、芸人の結婚も相次いでいますが…
渡部「そうですね(笑)。結婚願望はずっとありますけど…。(ロンドンブーツ1号2号の田村淳も)いい人を見つけたみたいで、うらやましいですね」

◆アンジャッシュがレギュラー出演中のテレビ東京系バラエティー『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』(毎週金曜 後9:00)。言われてみれば確かに気になる素朴な疑問、何に役立つというわけでもないが知っていると心が豊かになれる雑学を紹介する教養・バラエティー。所ジョージがメイン司会を務め、ほかに東貴博(Take2)、清水ミチコ、大橋未歩アナウンサーが出演。

オリコントピックス