ドラマ&映画 カテゴリ

上島竜兵が「初期の糖尿病」告白

 お笑いトリオ・ダチョウ倶楽部肥後克広(50)寺門ジモン(50)上島竜兵(52)が1日、都内で行われた映画『レッド・ドーン』(5日公開)公開記念イベントにゲストとして出席。上島はトークの中で、初期の糖尿病であることを明かした。

「初期の糖尿病」であることを明かしたダチョウ倶楽部・上島竜兵 (C)ORICON NewS inc.

「初期の糖尿病」であることを明かしたダチョウ倶楽部・上島竜兵 (C)ORICON NewS inc.

写真ページを見る

【写真】その他の写真を見る


 同作は、突如、北朝鮮による侵略・占拠を受けたアメリカを舞台に、若者たちの戦いを描くサバイバル・レジスタンス・アクション。

 “ネイチャージモン”として常に危機管理していると豪語する寺門は、二人に対して「移動手段に電車やタクシーは危ない! 正解は徒歩だ」と持論を展開。「確かに健康的なのは、歩いた方がいい」と納得する上島は、肥後から「ただ『糖尿治れ、糖尿治れ』って歌いながら歩いてるんじゃダメ」と突っ込まれると「あんまり糖尿って言うなよ!」と焦り出し、寺門が「え、痛風じゃないの?」と投げかけると「初期の糖尿なんですよ」と苦笑した。

 芸能界を日々“生き抜いている”ダチョウ倶楽部だが、上島は身近に起きた“危機”について「この前、後輩20人くらいと飲みに行って、お金がなくなってしまって、(後輩の)土田(晃之)に出してもらった」と、情けないエピソードを報告。その際、肥後がお金を出さなかったことも明かし、寺門が「時計でも売ってお金払わなきゃだめ」とダメ出しすると「でも土田のが儲けてるから」と言い訳し、笑いを誘っていた。

 さらに3人は「団地でバンジージャンプ」や「途中までパラシュートなしでのスカイダイビング」「パンツの中にアルマジロを入れる」など、これまで挑んだ過酷な体験を紹介。上島は、本当に危険な時はすかさず寺門が止めに入ることを明かし「本当に俺の危機管理がわかっているのは寺門だけ」と信頼を寄せる。すると肥後は「(上島)単体だとただ突き落とされて坂道を転がるだけの男になっちゃうけど、ジモンが『やめろ』って言ってる後ろで俺がズボンずらすとか。いろんなパターンができる」とかぶせ、寺門も「ギャラの3等分はきついけど、3人の方がいい笑顔を作れる」と胸を張っていた。

関連写真

  • 「初期の糖尿病」であることを明かしたダチョウ倶楽部・上島竜兵 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『レッド・ドーン』公開記念イベントに出席したダチョウ倶楽部 (C)ORICON NewS inc.
  • 危機管理について持論を展開したダチョウ倶楽部・寺門ジモン=映画『レッド・ドーン』公開記念イベント (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『レッド・ドーン』公開記念イベントに出席したダチョウ倶楽部・肥後克広 (C)ORICON NewS inc.
  • 司会を務めた高松知美=映画『レッド・ドーン』公開記念イベント (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索