ドラマ&映画 カテゴリ

栗山千明、初の医師役に悪戦苦闘 バチスタシリーズ最新作『螺鈿迷宮』

 来年1月放送の関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮(らでんめいきゅう)』(毎週火曜 後10:00)に、女優の栗山千明(28)と水野美紀(39)が姉妹の医師役で出演することが27日、わかった。栗山は今回が初めての医師役で、医療用語や左手でピンセット、右手で電気メスを扱うオペシーンでは「左手が言うことをきかないんです!」と悪戦苦闘している。

 俳優の伊藤淳史(29)、仲村トオル(48)の出演、人気作家・海堂尊氏原作のドラマシリーズ第4弾。今回のドラマでは、伊藤演じる“人のいい心療内科医”田口公平と、仲村演じる“厚生労働省の変人官僚”白鳥圭輔のコンビが、終末期医療を主とした地方病院「碧翠院(へきすいいん)」を営む桜宮一族の闇に迫る。

 柳葉敏郎(52)演じる碧翠院院長・桜宮巌雄の次女・桜宮すみれを栗山が、長女・桜宮小百合を水野が演じる。水野は、『踊る大捜査線』シリーズなどで共演してきた柳葉の娘役という設定に若干戸惑い、「恋人の設定でもおかしくない年齢差ですが、それが親子ですから…。実年齢よりだいぶ若い33歳の設定なので、そこがとにかく厳しいです! 観ている方にはそこは突っ込んでほしくないな」と苦笑いした。

 物語は、碧翠院の放射線科医が1枚のAi画像と共にひっそりと姿を消したことから始まる。放射線科医は、一族の何を暴こうとしたのか? Ai画像には何が映っているのか? すみれは、産婦人科の専門医で、患者を社員にして院内の作業を手伝わせ、その給料を医療費に還元する「すみれエンタープライズ」というシステムを確立し、口は悪いが気は優しいという役どころ。一方の小百合は、緩和ケア医で、一見優しげに見えるが、いざとなると冷淡になれる。そんな性格の異なる姉妹が、父の巌雄とともに一族の“秘密”を守るため、田口&白鳥コンビと対峙する。

 見どころについて栗山は「結末が本当にわからないんです! キャストのみんなで推理して、盛り上がったりしています。演じている側がこうだから、視聴者の皆さんも絶対に楽しめると思います。キャストは皆いい感じの怪しさです。それに翻弄されてください!」と語った。

 連続ドラマ版バチスタシリーズは、これまでに『チーム・バチスタの栄光』(2008年10月期)、『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』(2010年4月期)、『チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸』(2011年7月期)が放送された。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索