ドラマ&映画 カテゴリ

壇蜜、主演映画「裸で楽だった」 公開迎えスタッフに感謝

 グラビアアイドルで女優の壇蜜が21日、都内で行われた主演映画『甘い鞭』の初日舞台あいさつに出席。同作でSMやヌードシーンなど過激な演技に体当りしているが「私一人ではなく、カメラを回してる方々の汗が滴り落ちるくらいギリギリでやっていた。私だけじゃないというのが励みになった」とスタッフらに感謝。さらに、「逆に自分が裸で楽なんじゃないかと思うくらいだった」と冗談交じりに明かした。

【写真】その他の写真を見る


 また、“ムチで打たれる”“縛られる”といった過激シーンが多いことから、司会から「大変だったのでは?」と問われるも、「初めてじゃなかったんで」としたり顔で回答。主演作の公開を迎え「みんなで一丸となって一つのものを作ってる。その現場の仲間に入れてもらってるというのは高まりました」と感慨深げに振り返った。

 石井隆監督は「この作品で壇蜜さんと間宮(夕貴)を羽ばたかせてあげようと思った」と明かしたものの、昨年9月の撮影開始後から壇蜜が瞬く間に大ブレイク。石井監督は「テレビとかネットが壇蜜だらけになって、この映画をステップにするはずが、手の届かないところまで行ってしまった」といい、「公開する頃にはいなくなっちゃうのではないか、『その人は私じゃないです。似てるから小蜜です』と言われてしまったらヤバイと思った」と明かし、会場を笑わせていた。

 舞台あいさつにはそのほか、間宮夕貴、原作者の大石圭氏が出席した。

関連写真

  • 主演映画『甘い鞭』の初日舞台あいさつに出席した壇蜜 (C)ORICON NewS inc.
  • 主演映画『甘い鞭』の初日舞台あいさつに出席した間宮夕貴 (C)ORICON NewS inc.
  • 主演映画『甘い鞭』の初日舞台あいさつの登壇者 (左から)壇蜜、間宮夕貴、大石圭氏、石井隆監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索