アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • AAA西島隆弘、NHKドラマ初主演 “特許マフィアとの攻防”描く

AAA西島隆弘、NHKドラマ初主演 “特許マフィアとの攻防”描く

 男女7人組グループ・AAAのメインボーカルを務める西島隆弘が、11月30日スタートのNHK新ドラマ『太陽の罠』(毎週土曜 後9:00 全4回)で同局のドラマに初主演することが11日、わかった。昨年、同局の『平清盛』で大河ドラマに初出演し、深作健太氏演出の舞台『里見八犬伝』で主演を務めるなど、俳優としても活躍の場を広げてきた西島が、今作では企業内産業スパイの嫌疑をかけられる男を演じる。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、『第一回市川森一脚本賞』を受賞した大島里美氏によるオリジナルストーリーで、太陽光発電に生き残りを賭ける大手家電メーカーを舞台に、“特許マフィアとの攻防”を描きながら、愛憎交錯する人間模様を浮き彫りにするラブサスペンス。

 名古屋に本社を置く大手家電メーカー、メイオウ電機にアメリカのゼスター・リサーチ社より警告状が届く。社運をかけた太陽光パネルの技術が特許侵害であるとして、膨大な賠償金とライセンス料を要求するものだった。騒然とする社内で産業スパイではないかと疑われたのが、知的財産部の長谷川(西島)。年上の美しい妻、葵(伊藤歩)とつつましい結婚生活を送り始めた矢先の出来事だった。

 ゼスター・リサーチ社は「パテント・トロール」と呼ばれる、アメリカの特許マフィアで、謎の男、澤田(塚本高史)が裏から手を引いていた。一方、社内の訴訟対策室で奔走する濱(尾美としのり)は、上司の村岡(伊武雅刀)から度重なるしっ責と侮辱を受け、ついに村岡の頭を殴打し、山中に埋めてしまう。この事件が導火線となり、男と女たちの“愛”と“プライド”をかけた、しれつな駆け引きが始まっていく。

 ほかに、水崎綾女パトリック・ハーラン中原丈雄石田ひかり吉田栄作らが出演する。制作はNHK名古屋放送局。

⇒⇒ AAAのチケット発売情報

関連写真

  • NHKのドラマに初主演する西島隆弘(AAA)=11月30日スタート『太陽の罠』
  • 【10月9日写真追加】スタジオ取材会で撮影(左から)尾美としのり、塚本高史、西島隆弘、伊藤歩=11月30日スタート、NHK土曜ドラマ『太陽の罠』(C)NHK

オリコントピックス