アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 北村一輝主演“動物癒し時代劇”『猫侍』、ドラマ&映画化

北村一輝主演“動物癒し時代劇”『猫侍』、ドラマ&映画化

 俳優の北村一輝が主演する“動物癒し時代劇”『猫侍』が全国14局ネットで10月より連続ドラマとして放送され、映画版も来春より劇場公開されることが9日、わかった。北村は「映画とドラマ、ひと味違うおもしろみを足していけるように試行錯誤しました。楽しんでいただけると思います」とコメントしている。

 同作は、かつては畏怖されながらも浪人の身となり生活に困窮する剣客が、「飼い主を骨抜きにする魔を持つ猫を斬れ」という仕事を受け、その生き物との出会いから生活が鮮やかに変わっていく様を描く、癒しと笑いの新感覚時代劇。北村は「魅力のひとつが癒しです。キャスト、スタッフみんなが猫の愛くるしさに癒されながら撮影しました。また、共演者が好き放題おもしろいことをやってくれて、笑えます。そして、話が進むたびに主人公がどう成長していくのかという人間ドラマ。とにかく見どころは満載です」とアピールする。

 出演者は、主演の北村のほか、映画版では蓮佛美沙子、温水洋一、寺脇康文ら、ドラマ版では平田薫、水澤紳吾、佐藤誓らが名を連ねる。また映画版の監督は、『ヤッターマン』『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』などで三池崇史作品の助監督を務めてきた新鋭・山口義高が務める。

 同作は、10月より全国14局ネット(tvk、テレ玉、チバテレ、三重テレビ、KBS京都、サンテレビ、札幌テレビ放送、TVQ九州放送、とちぎテレビ、テレビせとうち、広島ホームテレビ、静岡第一テレビ、群馬テレビ、仙台放送、他)でオンエアされ、映画版は来春より公開される。



オリコントピックス