アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 松田翔太が平成の“寅さん”に!? 月9ドラマ初主演 ヒロインに武井咲

松田翔太が平成の“寅さん”に!? 月9ドラマ初主演 ヒロインに武井咲

 俳優の松田翔太が10月14日スタートのフジテレビ系“月9”ドラマ『海の上の診療所』(毎週月曜 後9:00)に主演することが4日、明らかになった。“月9”枠のドラマは初主演で、女優・武井咲が同枠初ヒロインを務める。

 瀬戸内海の無医島を巡る病院船にやってきた医師が、行く先々の島で恋に落ちては愛に散る、“寅さん”のような1話1島1マドンナの基本パターンで展開するヒューマンラブストーリー。

松田が演じるのは、女性に惚れっぽく、おだてられるとすぐ調子に乗ってしまう主人公・瀬崎航太。『Dr.コトー診療所』の大ファンという設定で、自らを時に「Dr.コータです」と名乗ったりもする。医師としては優秀で、手術や治療の際はスーパードクターぶりを発揮。このギャップある愛すべきキャラクターを松田がどう演じるのか楽しみだ。

松田は「三枚目の医者というファニーな役どころなので、本当に楽しみです。離島での撮影ということもあって、キャストとスタッフの皆で家族のようになれたらいいな、と思います」と意気込む。

ヒロインの武井は、看護師・戸神眞子役で、筋が通っていないことは大嫌いという性格のため、突然船に現れた一見いい加減にしか見えない航太にイラついて仕方がないという役どころ。広島一帯を締めていたレディース上がりという”都市伝説”もあり、今まで演じてきたキャラクターとはひと味違ったちょっとコワモテなヒロインを演じる。

武井は「いままでにやったことのないキャラクターなのでわくわくしています。松田翔太さん演ずる航太とのやりとりや、二人の間がどのように変化していくのか、まだ見ぬ先々の展開がとても楽しみです。瀬戸内海の美しい島々でのロケも楽しみです」と語っている。

 本州、四国、九州に挟まれた内海、瀬戸内海。そこには大小あわせて700ほどの島々があるが、その中の多くは無医島。救急患者が発生しても、そこに頼るべき医師はいない。こうした問題を解決すべく、瀬戸内海では約50年前から離島を巡る病院船「済生丸」が活躍。同ドラマは、その実在する病院船をモチーフに、船上で共同生活をしながら、瀬戸内海の離島を巡る病院船の医師や看護師たちの物語を、訪れる島々にまつわるエピソードとともに描いてゆく。



オリコントピックス