ドラマ&映画 カテゴリ

北乃きい、中学時代一人暮らしの食事はきゅうりにマヨネーズ

 人気漫画家・西原理恵子氏が上京して作家デビューするまでの自らの姿を赤裸々に描く『上京ものがたり』の初日舞台あいさつが24日、都内の劇場で行われ、キャストの北乃きい池松壮亮、谷花音、森岡利行監督が登壇した。

 憧れの東京で厳しい現実にさらされながら必死に生きる主人公を演じた北乃は、「夢に向かってがんばる姿に共感できました。自分で演じていながらも私の背中を押してくれて、たくさんの元気をもらえるキャラクターになっています。やっぱり、あきらめないってすごいことですよね」と語った。

 一方、池松は撮影現場の雰囲気を聞かれると「温かくてとても居心地のいい現場でした。短い間でしたが、みんなががんばっている現場でしたね。だから、僕は邪魔しないようにと(笑)。とにかく、猫とたくさん戯れていました」。

 そして森岡監督は、この物語の魅力を「逆境をパワーに変えてしまう所ですよね。主人公が西原さんなら、池松さん演じる良介役は僕自身です。自分自身、昔東京に出て来たときに、職業も定まらず、フラフラといろんな仕事をしていた時期があって。良介という役には当時の僕の想いを込めています」と自身の経験も交えて力強くアピールした。

 また、北乃は「元気の原動力は?」という質問に対して「ご飯です!」と即答。会場の笑いを誘いながらも、中学生の頃から一人暮らしで、当時は自炊ができなくてきゅうりにマヨネーズの食事が続いたことを明かし、今作に携わり、自分自身が主人公のキャラクターに勇気をもらったことを語った。

上京ものがたり特集『あふれる色とりどりのリアルな感情 にじみ出る前向きなエネルギー』
『上京ものがたり』公式サイト

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索