• ホーム
  • 映画
  • 嵐、『24時間テレビ』メイン司会続投に意欲「来年もまた会いましょう!」

嵐、『24時間テレビ』メイン司会続投に意欲「来年もまた会いましょう!」

 日本テレビ系『24時間テレビ36 愛は地球を救う』(24日 後6:30〜25日 後8:54)でメインパーソナリティーを務めた人気アイドルグループ・が25日、放送終了後に報道陣の取材に応じた。2年連続、4回目の大役を無事果たしたリーダーの大野智は「今年が一番(過ぎるのが)早く感じた。いい意味で、多少なり余裕があった」と26時間半を振り返った。

森三中・大島、嵐の松潤激励&並走に「夢のよう」 24時間マラソン完走誓う (13年08月13日)


 今年は「ニッポンって…? 〜この国のかたち〜」をテーマに、「ニッポン」の良いところ、悪いところを知り「この国のかたち」を考える内容を展開。大野はスペシャルドラマ『今日の日はさようなら』の主演も務めた。

 放送を終えて、櫻井翔は「胸を掴まれる企画がたくさんあった。0から1へ、1から2へと走り続けたい」、相葉雅紀は「素敵な時間をつくれたことが何よりうれしい」と充実した表情を浮かべ、続けて松本潤は「毎回すごいいい番組だと思う」とともに番組を作り上げたスタッフに感謝を述べた。

 二宮和也が「今年は今年で、ひと味ちがう24時間になった。来年以降またお手伝いできることがあれば」といえば、最後に大野も「みなさん、来年もまた会いましょう!」と“続投”に意欲を示した。

 36回目の開催となった同番組は、チャリティーパーソナリティーに上戸彩、チャリティーマラソンランナーに森三中・大島美幸、総合司会を羽鳥慎一桝太一アナウンサーが務めた。恒例の募金は、放送終了後時点で4億3605万4731円にのぼった。



オリコントピックス