ドラマ&映画 カテゴリ

女優・瀧本美織が20日、都内で行われた映画『貞子3D2』呪いのプレミア大夏祭りに共演の瀬戸康史らと出席した。映画初主演作がジャパニーズホラーの金字塔であるリングシリーズとなった瀧本は「怖いのがすごく苦手」と告白。「マネージャーさんには『できないです。できればほかの方でお願いします』とゆるく伝えたけどもう決まっていた。腹をくくって撮影させていただきました」と明かしていた。試写の際も「いつ(貞子が)出てくるか、知っているから耐えられなくて(3D)メガネをはずしてみました」と語っていた。 前作からの出演となる瀬戸康史は「前作のDVDみてたら何度も同じところで止まったりした」といい「家で怖い動画を観ていたら耳元でフッとされた」と恐怖体験を報告。それでも「怖いというより皆さんに話すエピソードができて『やった!』というのが大きかった」と笑って見せた。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索