ドラマ&映画 カテゴリ

女優の瀧本美織、監督の英勉氏が7日、都内で行われた映画『貞子3D 2』完成イベントに出席した。英監督は、主演を務めた瀧本に対し「ギリギリまで台本読んでなかった」と暴露。瀧本が「そうですね。撮影の始まる3日前くらいまで…。怖くてなかなか読み進められなかった」と白状すると、監督は「役について話しても伝わらないなって思ったら、まだ読み終わってなくて、きょとんとしてた」と明かし、瀧本をタジタジにさせた。 日本ホラーを代表する「貞子シリーズ」の主演に瀧本は「今回は腹をくくって120%全力で演じました」とアピール。それでも、英監督からは「瀧本さんが怖がったり、泣いたりするシーンを見てると笑っちゃう。『怖がってんなー』って思ってうれしくなっちゃった」と茶化され、照れ笑いを浮かべていた。

この記事の画像

  • 怖くで台本を読み進められなかったことを明かした瀧本美織 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)英勉監督、瀧本美織、子貞子、貞子 (C)ORICON NewS inc.
  • 貞子を横目に余裕のピースを見せる瀧本美織=映画『貞子3D 2』完成イベント (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索