アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • Q・ジョーンズ32年ぶり来日公演 「ウィ・アー・ザ・ワールド」で大団円

Q・ジョーンズ32年ぶり来日公演 「ウィ・アー・ザ・ワールド」で大団円

 故マイケル・ジャクソンさんら数々の大物アーティストを育ててきた米音楽プロデューサーのクインシー・ジョーンズ(80)が7月31日、8月1日の両日、32年ぶりの来日公演を東京国際フォーラムで行った。ラストの「ウィ・アー・ザ・ワールド」では出演者と観客5000人が大合唱。感動のフィナーレで4時間全28曲を締めくくった。

 公演は2部構成で行われ、第1部は亀田誠治氏がプロデュースした日本人アーティストによるクインシー・トリビュートパート。絢香は「この曲に出会ってなかったら、今の自分はない」というマイケルの「ヒューマン・ネイチャー」を歌い、BoAは「ビート・イット」の間奏でキレキレのダンスも披露。ほかにJUJU三浦大知ゴスペラーズら計10組のアーティストがそれぞれクインシー愛をアピールした。

 第2部はクインシーが連れてきた名だたる大物ミュージシャンが「ジャスト・ワンス」「愛のコリーダ」にMJの「マン・イン・ザ・ミラー」など、クインシーがプロデュースした大ヒット曲を次々と演奏。米歌手パティ・オースティンが「愛してると言って」をワンコーラス歌い終えると、シークレットゲストの松田聖子が登場し、デュエットを披露するサプライズでも観客を喜ばせた。

 クインシー一行は、広島グリーンアリーナで3日に開催される「エターナル・ピース・コンサート」に出演する。

■トリビュート・パート参加アーティスト
絢香、小曽根真 featuring No Name Horse、小野リサK、ゴスペラーズ、BoA、三浦大知、土岐麻子(7月31日のみ)、VERBAL(8月1日のみ)、JUJU(8月1日のみ)、MIYAVI×沖仁×上妻宏光(8月1日のみ)



オリコントピックス