ドラマ&映画 カテゴリ

ジョニー・デップ、恋人&子連れで来日 ファン1200人が歓迎

 米俳優ジョニー・デップ(50)が16日午後6時8分、主演映画『ローン・レンジャー』(8月2日公開)のプロモーションのため、娘のリリー=ローズ・メロディと息子のジャック・ジョン・クリストファー、交際中の女優アンバー・ハードと共に成田空港に来日した。白のシャツに、グレーのベスト、ジーンズ、トレードマークの帽子を被ったデップの来日は1年2ヶ月ぶり10度目。前日泊の徹夜組を含むファン1200人が歓迎した。

 人気シリーズ『パイレーツ・オブ・カリビアン』3部作のプロデューサーのジェリー・ブラッカイマーゴア・ヴァービンスキー監督、そしてデップと三者そろっての来日は『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』以来約6年ぶり。デップ以外のキャスト・スタッフ陣は午後4時に羽田空港に到着したが、デップは混乱を避け時間差で米ロサンゼルスからプライベートジェットで成田入りした。

 熱心なファンサービスで知られるデップは、この日も集まったファンの顔を一人一人確かめるかのように約100メートルにおよぶファンの列に笑顔で手を振り、握手、小さな女の子の目線に合わせてひざをついた姿勢で応えるなど交流。「こんなにもたくさんの人が来てくれて、驚いたしうれしかった。ありがとう」と迎えの車に乗り込んだ。

関連写真

  • ファンサービスに応じるジョニー・デップ
  • ファン1200人が集結

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索