アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 井上真央&綾野剛、湊かなえ原作『白ゆき姫殺人事件』映画化

井上真央&綾野剛、湊かなえ原作『白ゆき姫殺人事件』映画化

 女優・井上真央と俳優・綾野剛の共演で人気作家・湊かなえ原作の『白ゆき姫殺人事件』が映画化されることがわかった。不可解な殺人事件を巡り疑惑の目を向けられた一人の女と、テレビのワイドショー取材により暴走する「噂」が巻き起こす傑作サスペンス。『アヒルと鴨のコインロッカー』(2008年)、『ゴールデンスランバー』(2010年)、『奇跡のリンゴ』(2013年)などのヒットメーカー・中村義洋監督が映画ならではの表現を加え、重層的なサスペンスに仕上げる。

 『望郷』が第149回直木賞(平成25年度上半期)候補に初選出された湊氏(選考会は今月17日)。同氏の作品の映像化も相次ぐ。映画化作品は、デビュー作の『告白』(2010年、中島哲也監督)、『往復書簡』所収の「二十年後の宿題」を原案にした『北のカナリアたち』(2012年、阪本順治監督)に続き3作目。昨夏に刊行された長編『白ゆき姫〜』は、『小説すばる』(集英社)での掲載と並行してWEBで関連資料がアップされるという新たな試みも話題となり、出版前から映画化のオファーが殺到していたという。

 湊氏も「白ゆき姫が黒こげ死体に。犯人はあの人かも…美人OLの死をめぐる物語です。噂が噂を呼び、とんでもない結末に。怖いけど面白い、そんな物語を、ぜひお楽しみください。ツイッターで何もつぶやけなくなるかも…」と映画化を歓迎した。

 今作で、疑惑を向けられる主人公・城野美姫を演じる井上は「『地味でつまらない女』のこの役は井上さんしかいないと言われたとき、複雑な気持ちと、なんだか不思議な喜び、そして根拠のない自信が湧いてきました。これまで味わったことのない恐怖を体感しながら、つまらない女を存分に楽しみたい」と意気込む。

 美姫の関係者に取材を行うワイドショーのディレクター赤星雄治役の綾野は「中村義洋監督作品に参加できること、とても興奮高揚しています。同時に湊かなえさんの世界観をどこまで体現できるか。不安でスリリングでなりません。浅く浅はかな赤星雄治を、中村組スタッフ・キャストと共に深く共犯させて頂きます」とコメントを寄せた。

 中村監督は「プロデューサーから『監督、意外に毒舌ですよねぇ。一度その毒を思いっきり撒き散らしてみませんか』と誘われ快諾しました。顔の見えない人々の悪意、怖さを存分に描きたいと思っております。とにかく『つまらない女』『薄っぺらい男』という、普通断わりそうな役を引き受けてくれた井上真央さん、綾野剛くんに感謝、感謝です」と話している。



オリコントピックス