ドラマ&映画 カテゴリ

日本のスティーヴ・ジョブズは誰だ!? プレゼンNo.1決定戦開幕!

 視聴者の投票によってレギュラー化が決まったWOWOWプライム『The Evangelist プレゼンター チャンピオンシップ』が21日にスタートする(毎月第3日曜 後11:00、初回は無料放送)。毎回さまざまな分野で活躍しているプレゼンのスペシャリストが登場し、クライアントからのリクエストをもとにプレゼンバトルを展開する番組。MCを務める元TBSアナウンサーでタレントの小島慶子は「実際にプレゼンをしている現場はなかなか目にする機会がないですし、対決という構図でエンターテインメントとして見せるのはとても斬新!」と期待を寄せる。

【写真】その他の写真を見る


 毎回2人のプレゼンターにクライアントからの“お題”を与え、およそ1ヶ月間のプランニング期間を経て、それぞれ8分間のプレゼンテーションを行う。クライアントの要望を満たすのはどのようなプレゼンなのか? スペシャリストたちが己のプライドをかけて行うプレゼンは、視聴者にとっても自分自身や自らのアイデアを魅力的に見せるためのヒントが満載だ。

 小島は「役立つだけではなくて、プロが真剣になっている姿のカッコ良さを見てほしい。自分だったらこうすると考えながら観ると楽しいと思います」。プレゼンを芸術の域に高めた米アップル創業者の故スティーブ・ジョブズ氏に代表されるように、いまや「プレゼンを制す者が世界を制す」時代。数億円規模の契約を成立させてきたプレゼンの達人たちの白熱した対決を振り返った小島は「内容だけではなくて、ジェスチャーを使ったり自分自身の魅力で相手を納得させることも大事だと思います。人を納得させるのはそういうことなのかと興奮しました」と話していた。

 第1回のプレゼンターは、フリーマガジン『R25』を立ち上げた元編集長、藤井大輔氏(リクルートライフスタイル・ゆこゆこ)と、大手企業の広告・キャンペーンを手がける島崎昭光氏(螢光TOKYO クリエイティブ・ディレクター)。テーマは「献血してくれる人を増やすには?」。業界の異なる2人が提案する全く角度の異なるアプローチに注目だ。

 アナウンサー時代に「押しが強すぎる」とキャラの強さを否定され悩んでいた時期があったという小島は、アピール合戦ともいえるプレゼンの世界に「それまで自分は、普通にやっても目立ちすぎに見られる人というコンプレックスが大きかったけど、それも長所かなと励まされました」と話し、「わたしと同じように言われている人は励まされるかな」と視聴者に呼びかけていた。

関連写真

  • 7月21日、WOWOWプライムでスタート『The Evangelist プレゼンター チャンピオンシップ』のMCを務める小島慶子 (C)ORICON NewS inc.
  • 7月21日放送の#1のプレゼンター、藤井大輔氏(左)と島崎昭光氏(右)
  • 7月21日、WOWOWプライムでスタート『The Evangelist プレゼンター チャンピオンシップ』#1のお題は「献血してくれる人を増やすには?」
  • 7月21日、WOWOWプライムでスタート『The Evangelist プレゼンター チャンピオンシップ』

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索