アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 吉高由里子、来春の朝ドラヒロイン 『赤毛のアン』翻訳者・村岡花子の半生記

吉高由里子、来春の朝ドラヒロイン 『赤毛のアン』翻訳者・村岡花子の半生記

 女優の吉高由里子が来年3月31日スタートの平成26年度前期連続テレビ小説のヒロインを演じることが25日、発表された。タイトルは『花子とアン』。脚本は『ハケンの品格』などで知られる脚本家の中園ミホ氏が手がける。東京・渋谷のNHK放送センターで行われた制作発表会見に緊張した面持ちで出席した吉高は「吉高、したたかといわれるくらい役に喰らいついていけたら」と意気込みを語った。

 連続テレビ小説第90作となる来春の朝ドラは、モンゴメリーの『赤毛のアン』の翻訳者として知られる村岡花子さんの孫にあたる村岡恵理氏が出版した『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』を原案とした、明治・大正・昭和を生きた花子さんの波乱万丈の半生記。吉高は欧米文学と出会う10代の女学生から、戦争中、危険をかえりみず翻訳を続けた『アン・オブ・グリン・ゲイブルズ』が『赤毛のアン』として結実する50代までを演じる。

 朝ドラ初出演の吉高は「不安に思うのは、私に“朝の顔”は似合うのだろうかということ。イメージはお話が始まってから世間が作るものだと思うが、それが不安でもあり、楽しみでもあります。おばあちゃんが朝ドラを観ていたので、私が関わることになれたのがすごくうれしい。親孝行みたいなことができてよかった」とえくぼをみせた。

 物語のヒロイン、花子は山梨の貧しい家に生まれ、東京の女学校で英語を学び、故郷での教師生活を経て、翻訳家の道へ進む。想像力豊かな少女が成長し、許されぬ恋に苦しみ、大震災や戦争を乗り越え、児童文学を通して子どもたちに夢と希望を送り届けていく。ハングリー精神を持ち、ポジティブに自分の人生を切り開いていった花子さんは不思議とモンゴメリーが作り出したアンとも重なる。

 吉高は「私はネガティブになるタイプで、何かが始まる時は生きていくのがつらくなりますけど、始まってしまえば生きがいに変わったりもする。今はまだ前者ですが前向きにやっていきたい」と率直に心境を語りながら、「花子という役と立ち向かって闘って、苦しんだりもがいたりすることになると思うけど、自分も役に対してハングリーになろうと思っております。キャスティングミスといわれないように一生懸命頑張りたい。少しばかりの間、吉高のことを愛していただけたらなと思います」と呼びかけた。

 制作統括の加賀田透氏は、吉高をキャスティングした経緯について、「オーディションにするかキャスティングするか迷っていた今年3月頃、たまたま映画『横道世之介』を観て、お嬢様育ちのヒロインを演じていた吉高さんがいいじゃないかと思った。スタッフも中園さんも満場一致で吉高さんを支持してくれた」と説明。加賀田氏は「半年間、観ていただく朝ドラですので、心から愛おしく思ってもらえるようなヒロインであってほしい」と期待を寄せた。



関連写真

  • 来年3月31日スタートのNHK朝ドラ『花子とアン』の主演を務める吉高由里子 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)吉高由里子、脚本家の中園ミホ氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス