香川真司、白戸家ファミリーと初共演

 サッカー日本代表の香川真司選手(英マンチェスターU)が、21日から放送されるソフトバンクモバイル『白戸(しらと)家』シリーズの新CMで、上戸彩をはじめとする白戸家メンバーと初共演していることが20日、わかった。香川は、以前にも同CMシリーズに出演していたが、イギリスでの撮影だったため、実際の対面は今回が初となる。

【CMカット】結末はまさに“予想外”お兄ちゃんがこんな姿に…


 新CMでは、島根のおじさま“シロイルカ”の息子・シンジくん(香川)が海外から帰国し、久々に白戸家を訪問する。ソファに座り、白戸家ファミリーとしゃべりながらヘディングリフティングでパス交換するも、ダンテ・カーヴァー演じるお兄ちゃんが失敗。「一皮むけてこい」とのお父さんからの厳しい声に、お兄ちゃんがリビングを飛び出すと、30分後には「むけました」と脱皮した“皮”を手にした、ボブ・サップ演じる新・お兄ちゃんが戻ってくる“予想外”のストーリーを展開する。

 撮影では、樋口可南子が「おかえりなさい、シンジくん」と、CM本篇と同じ台詞でお出迎え。白戸家一同から歓迎の拍手が送られると、すっかり表情を和ませ白戸家の輪に溶け込んでいた。リフティングのシーンでは本番前に「ヘディング苦手なんです」と告白していたものの、本番では見事なボールさばきを披露し周囲を魅了していた。

 新CM『シンジ来る』篇は21日より放送開始。



関連写真

  • 【CMカット】ソフトバンク新テレビCM『シンジ来る』篇
  • 【CMカット】ソフトバンク新テレビCM『シンジ来る』篇
  • 【CMカット】ソフトバンク新テレビCM『シンジ来る』篇

オリコントピックス