アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 25年ぶり『クイズ面白ゼミナール』84歳の鈴木健二氏も復活

25年ぶり『クイズ面白ゼミナール』84歳の鈴木健二氏も復活

 1981〜88年にNHKで日曜夜に放送され、最高視聴率40%超えを記録した『クイズ面白ゼミナール』が約25年ぶりに夏のスペシャル番組として復活することが19日、明らかになった。NHK・BSプレミアムで『クイズ面白ゼミナールR(リターンズ)』として、7月20日(土)と8月17日(土)の2回放送(後8:00〜後9:00)される。司会はレギュラー放送当時、NHKアナウンサーだった鈴木健二氏(84)がメイン司会として再登場。徳永圭一アナウンサー(34)が「見習い教授」として進行をアシストする。

 同番組は、鈴木アナウンサー(当時)が“教授”となり、教科書や歴史、社会など、さまざまな事象をクイズ形式で解き明かしていく内容で人気を博した。「知るは楽しみなりと申しまして、知識をたくさん持つことは人生を楽しくしてくれるものでございます…」という“教授”の名台詞を今回もう一度聞くことができるのか、はたまた新しい名言が飛び出すのか、いずれにせよ楽しみだ。

 スタジオセットも当時のものを参考にしながら作られる予定で、かつての番組を知っている人には懐かしく、知らない若い世代には新鮮なものになる。7月20日のテーマは「日本人とスマホ」、8月17日のテーマは「日本人と氷」が予定されている。



タグ

オリコントピックス