アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • すち子&真也『歌ネタ王決定戦』初代王者に 真也は花嫁もゲット

すち子&真也『歌ネタ王決定戦』初代王者に 真也は花嫁もゲット

 「笑い」と「音楽」を融合させたネタで競う『歌ネタ王決定戦2013』の初の決勝が18日、大阪・MBSで生放送され、すち子&真也(よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属)が初代王者に輝き、賞金500万円を獲得した。

 優勝した二人は、吉本新喜劇で活動する大阪府摂津市出身のすっちーと京都市出身の松浦真也のコンビで、2009年に結成。「なにわのギター借金取り」のネタで、ギターを弾く松浦のボケに、すっちーが鋭くツッコみ、初代歌ネタ王に輝いた。

 同コンテストにはプロ、アマを問わず1289組が参加。今年3月3日から東京、大阪、愛知、北海道、福岡の5地区で予選大会が行われ、2700アイロンヘッドどぶろっくキンタロー。、すち子&真也、阿佐ヶ谷姉妹ななめ45°、矢野号、嘉門達夫マキタスポーツ(出番順)の10組が決勝に出場した。

 審査の結果、高得点を獲得した上位3組の矢野号、すち子&真也、ななめ45°に加え、視聴者の携帯投票で敗者復活したどぶろっくの計4組が決勝戦で別のネタを披露し、10人中6票を獲得したすち子&真也が圧勝した。

 すち子&真也の優勝の決まった瞬間、本人たちよりも先に司会者の小籔千豊が感極まって思わず涙。新喜劇の先輩後輩の仲である二人の優勝に涙を見せて祝福した。すち子は優勝コメントを求められると「ぼくも喜びたいけど小籔さんが先に泣いているし…」と戸惑いを見せながらも喜んだ。

 放送終了後、賞金500万円の使い道についてすち子は「新喜劇の人たちで店を借り切り、若手もベテランも入り混じって宴会をしたい」、真也は「バイクを売ってしまって、もう少し早ければ売らずに済んだのに」とコメント。

 真也は会場に結婚予定の彼女が観覧募集に応募して見に来ていたことを明かし、「初代歌ネタ王の称号を頂いた記念に、プロポーズします!」と宣言。さらに、小籔から「すち子(すっちー)は、今回の優勝で、新喜劇の新座長になることが決定した!」との発表もあり、二人そろって喜び倍増の一日となった。



関連写真

  • 『歌ネタ王決定戦2013』初代王者となったすち子(右)&真也(左)(C)MBS
  • 優勝したすち子&真也よりも先に司会の小籔千豊がうれし泣き(C)MBS

オリコントピックス