アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • ドラマ討論番組『ドラカン』の4月期ドラマ評価は?前代未聞の事態も!?

ドラマ討論番組『ドラカン』の4月期ドラマ評価は?前代未聞の事態も!?

 高視聴率をキープするドラマが続き、いつになくシーンが盛り上がっている4月期の連続ドラマ。すっかり名物となった、女性チャンネル♪LaLa TVの連続ドラマ討論番組『THE ドラマカンファレンス』の「レビュー編」の収録が先ごろ行われ、今回も視聴者代表の女性たちの率直なドラマ批評が繰り広げられた。

 今回の番組冒頭では、今秋放送予定の『抱きしめたい!Forever』(この秋フジテレビ系で放送、未公開シーンを含んだ『女性チャンネル♪LaLa TVバージョン』も直後に放送)の秘蔵メイキング映像がお披露目され、ダブル浅野(浅野温子&浅野ゆう子)のキュートな姿にMCの鈴木おさむと“国内ドラマ応援隊長”のつんく♂、視聴者代表の女性たちは妄想を膨らませながらトークに花を咲かせた。

 そして、この日のレビューの目玉は、『家族ゲーム』(フジテレビ系)と『雲の階段』(日本テレビ系)の“水10対決”と、『ラスト・シンデレラ』(フジテレビ系)と『35歳の高校生』(日本テレビ系)の“涼子対決”。『家族ゲーム』からは、物語の舞台となっている家族の父親役の板尾創路、プロデューサーの稲田秀樹氏、フジテレビ編成部の水野綾子氏がゲスト出演し、視聴者代表からの「いじめのシーンがちょっと……」「いじめにあう理由ももっと描いてほしい」など、ドラマへの深い愛があるゆえの率直な意見を面と向かって受けとめながら、ツイッターでのコメントや反応なども取り上げて議論を深めた。

 一方、“涼子対決”は視聴者代表の評価はそれぞれ賛否両論。好感触な意見がある反面、セリフや設定などへの厳しい意見もあり、『35歳の高校生』では数多く学園ドラマがあるなかで生徒たちの個性をさらに色濃く求める声も出ていた。両番組とも賛否の幅が広い結果になり、まさに“ドラカン”の特徴であり、見どころともいえる展開となった。

 そのほか今回取り上げられたドラマは、『ダブルス』(テレビ朝日系)『TAKE FIVE』(TBS系)『空飛ぶ広報室』(TBS系)『幽かな彼女』(フジテレビ系)。そのなかで、恒例のドラカン出演者による撮影現場陣中見舞いが『幽かな彼女』で敢行され、同作に出演する佐藤二朗がコメントを送った。さらに、同VTRのなかでCS初となる大物ゲストの飛び入りが実現。前代未聞の事態にドラカン収録現場が大騒ぎになる一幕も。この模様は、5月18日(土)の『THE ドラマカンファレンス 4月クールドラマ レビュー編(#10)』でオンエアされる。

◆LaLaTV・THE ドラマカンファレンス特集
4月期ドラマ「レビュー編」:前代未聞の豪華ゲストが登場!秘蔵映像も大公開!!

オリコントピックス