• ホーム
  • 映画
  • 史上初・全編ロトスコープのテレビアニメ『惡の華』4月放送開始

史上初・全編ロトスコープのテレビアニメ『惡の華』4月放送開始

 4月よりTOKYO MXほかで放送予定のテレビアニメ『惡の華』。『別冊少年マガジン』(講談社)にて連載中の同名漫画(原作:押見修造)のアニメ化で、日本のテレビアニメでは史上初となる、全編にわたりロトスコープという技法を用いた作品として、注目を集めている。

【写真】その他の写真を見る


 ロトスコープとは、実在の人物や風景を撮影・編集し、それらを基に“絵”として描き起こしていくアニメーション技法のひとつ。微かな素振りなどに表れる人物のさまざまな感情をより生々しく表現したり、リアルな風景描写にも有効。同作の実写撮影は、原作の舞台である群馬県桐生市で行われた。

 監督は『蟲師』『デトロイト・メタル・シティ』の長M博史氏、シリーズ構成は『蟲師』『おじゃる丸』の伊丹あき氏、キャラクターデザインは『のだめカンタービレ』『デトロイト・メタル・シティ』の島村秀一氏、音楽は『魔法使いの夜』『ビビッドレッド・オペレーション』の深澤秀行氏が手がける。アニメーション制作は『好きっていいなよ。』のZEXCSが担当する。

 物語は、閉鎖的な小さな街のなかで、思春期の若者たちの苦悩と歓喜のはざまで繰り広げられる禁断の青春白書。主人公・春日高男には、第24回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト(2011年)ファイナリストで、声優初挑戦の新人・植田慎一郎(19)を抜てき。春日が密かに思慕の念を抱いている少女、佐伯奈々子は声優・歌手の日笠陽子(27)、春日が奈々子の体操着を盗むところを目撃してしまう仲村佐和は声優・女優の伊瀬茉莉也(24)が務める。キャラクタービジュアルも放送まで一切公開されておらず、どのようなビジュアルになるのか、期待が高まる。

 オープニング曲には、しのさきあさこ(Vo)、こまつけんた(Gt)、にいやひでひろ(Ba)、わだまこと(Dr)の4人によるポップバンド・宇宙人の新曲(タイトル未定、5月22日発売)を起用。メジャー初シングル曲としてリリースされる際には、同アニメのOP曲として制作された全4種の楽曲を繋ぎ合わせた組曲となる予定だ。

 エンディング曲は、新生“ASA-CHANG&巡礼”の「花 -a last flower-」で、元東京スカパラダイスオーケストラのリーダー、ASA-CHANGが、自らの代表曲「花」を同作のためにセルフリアレンジした意欲作となっている。

 TOKYO MX(4月6日より毎週土曜 深1:30)ほか、チバテレビ・tvk・テレ玉(4月7日より毎週日曜 深1:00)、サンテレビ・群馬テレビ(4月8日より毎週月曜 深0:30)、KBS京都(4月8日より毎週月曜 深1:00)、BSアニマックス(4月6日より毎週土曜  後10:30ほか)で放送。



関連写真

  • 4月スタートのアニメ『惡の華』キービジュアル(C)押見修造・講談社/「惡の華」製作委員会
  • 『惡の華』主人公・春日高男 (C)押見修造・講談社/「惡の華」製作委員会 ※地上波の第1回放送終了後、キャラクターデザインを追加。
  • 4月スタートのアニメ『惡の華』主人公・春日高男役の植田慎一郎
  • 仲村佐和(C)押見修造・講談社/「惡の華」製作委員会 ※地上波の第1回放送終了後、キャラクターデザインを追加。
  • 4月スタートのアニメ『惡の華』仲村佐和役の伊瀬茉莉也
  • 佐伯奈々子(C)押見修造・講談社/「惡の華」製作委員会 ※地上波の第1回放送終了後、キャラクターデザインを追加。
  • 4月スタートのアニメ『惡の華』佐伯奈々子役の日笠陽子
  • オープニング曲は4人組ポップバンド・宇宙人が担当。メジャー初シングルリリースへ

オリコントピックス