• ホーム
  • 芸能
  • AKB48が被災地10ヶ所で復興支援ライブ 大島優子、大槌町民との再会に感激

AKB48が被災地10ヶ所で復興支援ライブ 大島優子、大槌町民との再会に感激

 人気アイドルグループ・AKB48のメンバー60人が11日、6人ずつ10グループに分かれ、岩手・宮城・福島の被災地3県10ヶ所で復興支援ライブを行った。各地にはAKBの訪問は伏せられていたことから、メンバーがサプライズで登場すると大歓声が沸き起こった。

 震災から丸2年が経過したこの日、メンバーは岩手県大槌町、山田町、陸前高田市、釜石市、宮城県気仙沼市、亘理町、女川町、多賀城市、福島県南相馬市、いわき市の10ヶ所に6人ずつ訪問。震災が発生した午後2時46分にはメンバーが各地で黙とうを捧げた。

 岩手・山田町ではライブ前に慰霊碑を訪れ、横山由依が「希望の鐘」を鳴らした。陸前高田市では篠田麻里子秋元才加らが震災追悼施設を訪問し、地元の人々とともに献花。釜石市では釜石駅前に設置された「復興の鐘」を鳴らして復興への祈りを捧げ、南相馬市では、今なおテトラポット設置作業が続く海沿いの慰霊碑を訪問。その後、各地で世界に向けて無料配信中の復興支援ソング「掌が語ること」など全12曲(釜石市のみ時間の都合で11曲)を披露した。

 一昨年5月の第1回被災地訪問に続き、再び大槌町を訪れた大島優子は「『また来てくれたんだね、ありがとう! 本当に来てくれたんだね!』って言ってくれたことがほんとうにうれしかったです」と再会に感激。「2年前におじゃましたときは、皆さんとお話ししても、どう答えたらいいか、何て返したらいいかわからなかったんです。でも今日は『2年前に受験頑張ってねって声をかけてもらって受かりました!』って言ってくれた学生さんがいてうれしかった。2年前に始めたことが今につながっているんだなと思いました」と想いを噛み締めた。

 釜石市を訪れた高橋みなみは「温かく迎えてくださったことが本当にうれしかったですし、こういうかけがえのない時間を共有させていただけたことがとてもありがたいと思いました」と感謝し、「私たちができることは絶対にあると思っているので、48グループを通じて皆さんと触れ合って、話をうかがったりとかライブを通して笑顔になっていただいたりと、微力でも活動を続けていきたいです」と話した。

■訪問地およびメンバー
【岩手・大槌町】大島優子、菊地あやか倉持明日香、内田眞由美、武藤十夢、竹内美宥
【岩手・山田町】横山由依、松井玲奈、高橋朱里川栄李奈、大家志津香、名取稚菜
【岩手・陸前高田市】篠田麻里子、秋元才加、入山杏奈前田亜美阿部マリア野中美郷
【岩手・釜石市】高橋みなみ、仲川遥香梅田彩佳仁藤萌乃田名部生来鈴木まりや
【宮城・気仙沼市】柏木由紀山本彩片山陽加佐藤すみれ鈴木紫帆里多田愛佳
【宮城・亘理町】松井珠理奈高城亜樹松井咲子田野優花永尾まりや中塚智実
【宮城・女川町】渡辺麻友島崎遥香兒玉遥藤江れいな小嶋菜月岩佐美咲
【宮城・多賀城市】小嶋陽菜指原莉乃岩田華怜小林香菜大島涼花小森美果
【福島・南相馬市】峯岸みなみ北原里英渡辺美優紀宮崎美穂大場美奈山内鈴蘭
【福島・いわき市】板野友美宮澤佐江河西智美加藤玲奈島田晴香佐藤亜美菜



関連写真

  • AKB48の大島優子、倉持明日香らが岩手県大槌町の吉里吉里中学校体育館を訪問 (C)AKS
  • 大島優子(中央)らが岩手県大槌町の吉里吉里中学校体育館で復興支援ライブを行った (C)AKS
  • 女川町を訪れた渡辺麻友 (C)AKS

オリコントピックス