アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 高橋克実&榮倉奈々、年の差刑事コンビで泥棒退治

高橋克実&榮倉奈々、年の差刑事コンビで泥棒退治

 俳優の高橋克実(51)が、4月スタートのTBS系ドラマ『確証〜警視庁捜査3課』(毎週月曜 後8:00)で民放の連続ドラマに初主演することが22日、わかった。空き巣、ひったくり、盗難などを扱う警視庁捜査3課に所属する盗犯捜査のベテラン刑事・萩尾秀一役。女優・榮倉奈々(25)が演じる親子ほど年の離れた若手刑事・武田秋穂とコンビを組み、職人技で強盗殺人事件などの真相に挑む。

 高橋は「子供の頃から『噂の刑事 トミーとマツ』や『七人の刑事』『太陽にほえろ』などの刑事ドラマが大好きでした。その刑事ドラマの一番上に名前が出るなんて、最初に聞いたときはびっくりしましたね。でも本当にうれしいです」と大張り切りだ。

 同ドラマは、同じ放送枠で放送中の『ハンチョウ〜警視庁安積班〜』と同じ、警察小説の第一人者・今野敏氏の『確証』(双葉社)が原作。刑事ドラマといえば、殺人や傷害などを扱う捜査1課が舞台となることが多いが、実際に起こる刑法犯罪の7割は窃盗で、ほとんどがプロの犯行という。

 そんなプロのトリックを見破り、地道に聞き込みや張り込みを続け、事件の動機や犯人の意図を推理して、事件解決に導いていくのが主人公たちの仕事。エリート集団であり花形部署である捜査1課との軋轢(あつれき)がリアルに描かれるところも同ドラマの見どころとなる。

 榮倉が演じる秋穂は、“花の”捜査1課志望だったが、萩尾の相棒刑事となり、彼の知識や経験を自分のものにしようと努力、成長していくキャラクター。高橋とは同じ映画に出演したことはあるが、がっつりタッグを組んで共演するのは今回が初めて。「高橋さんとは、一見ちぐはぐなような、でもぴったりうまく収まっているような…観ている方がだんだんクセになる、愛情が湧いてくるコンビになれたらうれしい。堅苦しくない、人間味あふれる新しい刑事ドラマになるよう頑張ります」と意気込んでいる。

 捜査1課の刑事にバナナマンの設楽統、捜査1課課長に角野卓造。ほかに、山本龍二柳下大黒川智花西尾まり鷲尾真知子らが出演する。

オリコントピックス