• ホーム
  • 映画
  • 小野恵令奈、ハリウッド仕込みのアクションで連ドラ初主演

小野恵令奈、ハリウッド仕込みのアクションで連ドラ初主演

 歌手で女優の小野恵令奈が、4月スタートの連続ドラマ『タンクトップファイター』で、連続ドラマに初主演、主題歌も担当することが22日、わかった。ハリウッドで活躍する本格アクションチームのもとで1ヶ月間猛特訓を受け、タンクトップ姿で総合格闘技を操るアクションバトルに挑戦。「今年の抱負は『チャンスを自分のモノにする』。逃がしません!」と気合い十分だ。

 昨年6月に「えれぴょん」でソロデビューを果たし、同年の『第54回 輝く!日本レコード大賞』で新人賞を受賞したえれぴょん。主題歌のタイトルは現時点で未定だが、ドラマの世界観をイメージした楽曲で、自らの初主演ドラマを盛り上げる。

 ドラマは、平和な日常を送っていた大学生の姉妹、果衣(小野)と理久が、強盗殺人容疑で逮捕された父が盗んだとされる会社の金1億円を返すため、“賞金稼ぎ”となって4人の犯罪者を追うアクションサスペンス。番組プロデューサーは「重厚かつ展開の早い謎解きと、ハリウッドで活躍するアクションチームの指導で磨き上げた“女VS女”のアクションバトルが、一番の見どころ。爽やかでセクシーなアクションシーンを、美しく個性的な映像で、存分に楽しんでいただけたら」と期待する。

 小野は「格闘技は未体験ですが、昔、水泳・バレエ・新体操・ゴルフ・体操を習っていました。ダンスも好きですので、体力には自信があります!」と、体当たりの演技を見せる一方、アクションより普段あまり着ないタンクトップ姿が似合っているかどうかが気になる様子。ドラマ初主演に「皆さんに楽しんでいただけるよう、自分が先頭を切って周りのキャストの方々やスタッフの皆さんを引っ張って行けるように、頑張っていきたいと思います」と責任感と抱負を語っていた。

 同ドラマはTBS・MBSの深夜ドラマ枠にて放送される。



関連写真

  • TBS・MBS系ドラマ『タンクトップファイター』で連ドラ初主演する小野恵令奈
  • ハリウッド仕込みのアクションに挑戦
  • 今後の活躍にますます期待が高まるえれぴょん

オリコントピックス