ドラマ&映画 カテゴリ

【第55回ブルーリボン賞】広末涼子、内田監督に恨み節

 女優の広末涼子(32)が、『第55回ブルーリボン賞』の助演女優賞を受賞し14日、都内で行われた授賞式に出席。『鍵泥棒のメソッド』で、監督賞の内田けんじ監督と共に2冠に輝いた。

 同作は、人生が入れ替わってしまった二人の男と婚活中の女性が巻き起こす喜劇作。昨年主演女優賞を受賞し、今年は授賞式の司会を務める永作博美から、作品にちなんで「誰と入れ替わってみたいですか?」と質問された広末は「監督と入れ替わって30、50くらいテイクを重ねてみたい」と現場のハードさをうかがわせる回答で、内田監督に恨み節。苦笑いする内田監督を横目に「今まで、お芝居をしていると感情を開放する作業が多かったのが、今回は引き算の芝居を監督に教えていただきました」と続け、いたずらっぽい笑みを浮かべていた。

 広末は「コメディエンヌとしての才能があるから、これからもコメディをやっていくといい」と内田監督から助言を受けたことも明かし、「笑いというのは計算で笑ってもらえるものではないと思うので、背中を押していただきました。これからも女優として演技の幅を広げて行きたいです」と、さらなる成長を誓った。

 そのほか、ヤン・ヨンヒ監督の『かぞくのくに』は作品賞をはじめ、キャストの安藤サクラが主演女優賞、井浦新が助演男優賞を獲得して3冠。主演男優賞に阿部寛(『テルマエ・ロマエ』『麒麟の翼』『カラスの親指』)、外国作品賞に『レ・ミゼラブル』、新人賞にマキタスポーツ(『苦役列車』)、特別賞に映画監督の故・若松孝二さんが選ばれた。

関連写真

  • 『ブルーリボン賞』助演女優賞を受賞した広末涼子 (C)ORICON DD inc.
  • 『ブルーリボン賞』助演女優賞を受賞した広末涼子 (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索