• ホーム
  • 芸能
  • 【オリコン年間】AKB48、今年もシングルTOP5独占 総売上191億円で最多5冠

【オリコン年間】AKB48、今年もシングルTOP5独占 総売上191億円で最多5冠

 オリコンが21日に発表した『第45回年間ランキング2012』で、AKB48が2年連続でシングル年間TOP5独占、5作ともミリオンを突破する快挙を達成した。CD、DVD、Blu-ray Discの総売上は191億円。年間の音楽ソフト総売上額1位のアーティストに贈られる「アーティスト別トータルセールス」を2年連続で受賞したのをはじめ、16部門中最多の5冠を獲得した。

【写真】その他の写真を見る


 シングル部門では、昨年史上初の年間TOP5を独占したAKBが今年も独走状態だった。8月27日にグループを卒業した“絶対的エース”前田敦子の事実上ラストシングルとなった「真夏のSounds good !」(182.0万枚・5月発売)を筆頭に、「GIVE ME FIVE!」(143.7万枚・2月発売)、「ギンガムチェック」(130.3万枚・8月発売)、「UZA」(121.5万枚・10月発売)、「永遠プレッシャー」(同107.3万枚・12月発売)と続き、今年も「作品別売上枚数」「作品別売上金額」ともにTOP5独占、5作ともミリオンセラーとなった。

 AKB48のシングル年間1位は、2010年の「Beginner」(95.4万枚)、11年の「フライングゲット」(158.7万枚)に続き3年連続。宮史郎とぴんからトリオ(1972・73年)、ピンク・レディー(77・78年)、(08・09年)の3組が記録した2年連続を上回り、こちらも史上初の快挙となった。

 今年ランクインしたAKB48の音楽ソフト57作の総売上額は191.0億円(内訳:シングル14作=90.4億円、アルバム4作=28.6億円、ミュージックDVD38作=71.6億円、ミュージックBD1作=0.3億円)。自身が持つ女性グループ歴代1位の162.8億円を約28億円も上回り、記録を更新した。2年連続の『アーティスト別トータルセールス』受賞は、09・10年の嵐以来2年ぶり。女性グループとしては77・78年のピンク・レディー以来34年ぶり史上2組目となった。

 選抜総選挙1位に返り咲いた大島優子は「『3年連続年間シングル1位』『2年連続年間TOP5独占』『2年連続5作のミリオン』はいずれも史上初の記録だとお聞きしました。デビュー当時はまったく想像できなかった記録で、メンバー一同驚いています」とコメント。同2位の渡辺麻友は「来年も期待に応えられるよう、AKB48らしく一生懸命頑張っていきたいと思います」とさらなる飛躍を誓った。

【AKB48年間ランキング5冠部門】
■アーティスト別トータルセールス…191.0億円(女性グループ新記録)
■作品別シングル売上枚数…「真夏のSounds good !」182.0万枚(女性グループ新記録)
■作品別シングル売上金額…「真夏のSounds good !」24.0億円
■アーティスト別シングル売上金額…90.4億円
■アーティスト別ミュージックDVD売上金額…71.6億円

【アーティスト別トータルセールスTOP3】
1.AKB48…191.0億円(総売上枚数879.5万枚)
2.EXILE…121.8億円(同226.6万枚)
3.嵐…104.5億円(同367.9万枚)
※シングル+アルバム+ミュージックDVD+ミュージックBDの総売上金額


>> 2012年年間ランキング特集TOP
シングルTOP100アルバムTOP100アーティストトータルセールスTOP5
■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。




関連写真

  • 2年連続でシングル年間TOP5独占、5作ともミリオンを突破する快挙を達成したAKB48(写真は前列左から渡辺麻友、高橋みなみ、大島優子、後列左から柏木由紀、小嶋陽菜、板野友美)
  • シングル売上No.1の「真夏のSounds good !」(通常盤Type-A)
  • 2位の「GIVE ME FIVE!」(通常盤Type-A)
  • 2012年年間シングルランキング売上3位のAKB48「ギンガムチェック」(通常盤Type-A)

オリコントピックス