• ホーム
  • 芸能
  • ソナポケ感激! “2200人の輪唱”でギネス世界記録「奇跡を起こしました」

ソナポケ感激! “2200人の輪唱”でギネス世界記録「奇跡を起こしました」

 オリコン主催のライブイベント『oricon Sound Blowin’ 10th Anniversary supported by NTT西日本』が8日、行われ、全国10会場に集まった一般参加者計2200人による輪唱を3分間継続。「参加人数2200人の輪唱」が新たなギネス世界記録に認定された。

“つながるプロジェクト”特設サイト


 新記録への挑戦は、東京・SHIBUYA-AXと大阪・松下IMPホールをメイン会場に、名古屋・熊本・石川・愛媛・大分・沖縄・高知・広島の全10会場を同時中継で結び、計2200人が3分間、ソナーポケットの「あなたのうた」を輪唱。これがギネス世界記録として認められた。これまでの輪唱記録は、今年10月に英リバプールでザ・ビートルズのファンが「ラヴ・ミー・ドゥ」を輪唱したときの1631人だった。

 事前に参加者との交流を持つなど、ギネス記録に向けて奔走してきたプロジェクトリーダーのソナーポケットが大阪会場で認定員から認定証を受け取ると「みんなが力を合わせて奇跡を起こしました」(matty)、「たくさんの人が手を貸してくれて、全国のみんなが手を取り合ってひとつにつながりました」(ko-dai)、「新しい歴史をみんなと作れてうれしいです」(eyeron)と大感激。

 東京会場の指揮を執ったゴールデンボンバーは「僕ら何もしてない。恐縮です」と真面目にコメントしたものの「来週あたりに『女々しくて』で記録更新しようかな。全く同じことをプラス1人でやります」と宣言し、笑いを誘っていた。

 東京会場の司会は髭男爵が務め、JOKER、近藤晃央、Silent Siren、Dancing Dolls、ゴールデンボンバーが、大阪会場はCivilian Skunk、Lily.μ、Matthews、ソナーポケットが出演。今回、ギネス世界記録更新に挑んだ「つながるプロジェクト」では、光回線『フレッツ光ネクスト』と遠隔地音楽セッションを可能にするシステム『光☆DUETTO』を使用した。




オリコントピックス