AKB岩佐美咲、ソロ第2弾で「フラゲ」「あじさい橋」カバー

 AKB48初の演歌歌手・岩佐美咲(17)のソロ第2弾シングルのタイトルが「もしも私が空に住んでいたら」に決まり、来年1月9日に発売されることが6日、わかった。同曲の作詞もAKB48総合プロデューサー・秋元康氏が書き下ろした。

 ソロデビューシングル「無人駅」(2月発売)がオリコン週間ランキング5位、演歌・歌謡部門1位となり、女性演歌歌手としては25年7ヶ月ぶり、演歌歌手史上最年少での初登場TOP10入り。『第45回日本有線大賞』では新人賞、ロングリクエスト賞をダブル受賞し、次世代を担う演歌歌手として期待が高まるなかでの第2弾となる。

 カップリングには、前作の「ヘビーローテーション」に続くAKB48のヒット曲カバー第2弾「フライングゲット<演歌バージョン>」のほか、生産限定盤には城之内早苗「あじさい橋」のカバー、通常盤には石川さゆり「津軽海峡・冬景色」のカバーをそれぞれ収める。

 生産限定盤に付属のDVDには、群馬県の温泉街で撮影された表題曲のミュージックビデオとメイキング映像を収録。演歌歌手の大先輩、山川豊(54)が岩佐の悩みに答える特典映像も注目だ。

 発売週の1月7日(月)には、東京・新橋SL広場で新曲発表イベントが行われるほか、東京、埼玉、千葉、神奈川で歌唱イベントも予定されている。

関連写真

  • 来年1月にソロ第2弾「もしも私が空に住んでいたら」を発売するAKB48の岩佐美咲
  • 初回生産限定盤
  • 通常盤

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索