アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 『モテキ』久保ミツロウがTV再登場 ヒャダインと初冠番組

『モテキ』久保ミツロウがTV再登場 ヒャダインと初冠番組

 昨年、映画が大ヒットした『モテキ』の原作者・久保ミツロウ氏と、ももいろクローバーZへの楽曲提供などで知られる音楽プロデューサー・ヒャダイン前山田健一)が、初の冠番組『久保ヒャダ こじらせナイト』(フジテレビ)で初タッグを組むことがわかった。初対面の2人が繰り広げるトークと音楽でサブカル好きの好奇心を誘う。12月1日深夜(2日午前)2時より関東ローカルで放送される。

 久保氏といえば、これまでテレビ出演を固辞していたが「タモリに会えるのなら」と今年5月に同局系の『笑っていいとも!』に出演。持ち前の毒舌と妄想力、独自の批評眼が受け、大きな話題を呼んだ。その直後よりテレビ出演のオファーが殺到するも全て断ってきた久保氏が再登場するだけでも話題を呼びそう。

 番組は、ともにクリエイターとして成功している一方で、いまだ人生を“こじらせ”ている2人が、「世の中って?」「男と女って?」「青春って?」「音楽って?」などをテーマに、まったりと本音トークを繰り広げる。さらに、今聞くとグッとくる青春時代の“こじらせ”ソングを、著名アーティストによるアレンジ、若手女優による歌唱で紹介するコーナーも織り交ぜていく。ナレーションで、相対性理論のやくしまるえつこが参加している点も見どころだ。

 このたび行われた収録後に久保氏は「実はニコニコ動画時代から注目していたヒャダイン。こんな人かな? と想像していたが、実際に会うと…全くもって想像通りの人だった。私と違って裏表がない良いヤツだった」と楽しんだ様子。ヒャダインも「久保ミツロウ先生が思ったよりもこじらせていて、初めて会ったカンジじゃなかったです!」と話していた。



オリコントピックス