アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • ガキ使恒例大みそかSPは「熱血教師24時!」

ガキ使恒例大みそかSPは「熱血教師24時!」

 年末恒例の日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』大みそか年越しスペシャルで、今年は『絶対に笑ってはいけない熱血教師24時!』が放送されることが18日、わかった。数々のドラマや映画のテーマになっている「学園」を舞台に、ダウンタウンらレギュラーメンバーは新人教師として抱腹絶倒の試練に挑む。すでに11月中旬に関東某所でロケを終えた浜田雅功は、ただ一言「お疲れ様でした…」。今年も一筋縄ではいかない刺客が待ち受ける。

 絶対に笑ってはいけない大みそかシリーズも早7回目。2010年『スパイ24時』、昨年の『空港(エアポート)24時』に続き、今度の舞台は「ガースー法人 聖(セント)黒光り学園」。年々スケールを拡大し、今年は地方局から約130人を増員して総スタッフ約300人、エキストラ約150人、シリーズ最高のCCDカメラ250台、ENG27台を導入する大規模ロケを敢行した。

 学園に向かう途中のバスで起こるハプニングや名物となった引き出しネタも健在で、梅宮辰夫、板尾創路、蝶野正洋、メンバーの“身内”といった常連組をはじめ、番組初登場の大物俳優や歌手といった豪華メンツも多数登場。教師仲間、生徒、モンスターペアレンツ、授業、会議…ありとあらゆるキャラやシチュエーションが期待される。“驚いてはいけない”タイムも引き続き導入され、バラエティに富んだ笑いが巻き起こる。

 過酷なロケを撮り終えた松本人志は「ダウンタウンも年明けて50歳になりますから、あとはもう若手に任せてやってもらえたら」とぼやき節。「僕で44歳ですよ」と嘆く山崎邦正は「いろいろなことあって、忘れてることもありますが、頑張りました」とげんなり。レギュラーでは若手に入るココリコの二人は「今年もこのメンバーだからやり遂げられた気がします」(遠藤章造)、「何とか全員で力をあわせて頑張れたと思います」(田中直樹)と絆を再確認していた。

 また、番組初の試みとして大勢でリアルタイムに笑いを共有できるパブリックビューイング「絶対に笑ってはいけないパブリックビューイング24時 in 渋谷ヒカリエ」の開催も決定。昨年の模様を収録した12月5日発売のDVD『絶対に笑ってはいけない空港24時』購入者から抽選で招待。こちらもスペシャルゲストの乱入に期待したい。

関連写真

  • 今年は「絶対に笑ってはいけない熱血教師24時!」に挑むレギュラーメンバー(左から)浜田雅功、松本人志、山崎邦正、遠藤章造、田中直樹
  • 今年は「絶対に笑ってはいけない熱血教師24時!」に挑むレギュラーメンバー(左から)浜田雅功、松本人志、山崎邦正、遠藤章造、田中直樹
  • 『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! DVD第18弾(罰)絶対に笑ってはいけない空港(エアポート)24時』初回限定版(12月5日発売)(C)2012日本テレビ

オリコントピックス