アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • アンダーグラフ・真戸原、「世界の子どもにワクチンを」活動でミャンマー視察

アンダーグラフ・真戸原、「世界の子どもにワクチンを」活動でミャンマー視察

 30万枚を超えるヒット曲「ツバサ」でメジャーデビューしたアンダーグラフのボーカル&ギター・真戸原直人が、CD売り上げの一部を寄付するなど、途上国の子どもたちにワクチンを提供するNPO法人の活動の一環で10月下旬、ミャンマーを訪れた。「ワクチンを受け取った子どもたちの未来がどう変わったのか、知りたい」と真戸原。活動4年目に実現した今度の視察ツアーを終え「明るい子どもたちに会えてうれしかった」と感慨もひとしおだ。

【写真】その他の写真を見る


 きっかけは、認定NPO法人「世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)」のCM。野球選手の寄付活動に心揺さぶられた。08年からJCVを通じてCD売上の一部寄付を始めた。ワクチン1本が20円程度。大げさでないから抵抗はなかった。

 「ファンが買ってくれたCD売り上げの一部を寄付しているのだから、実際ミャンマーでどのように子どもたちにワクチンが利用されているのか、この目で確認したかった」(真戸原)。降り立ったヤンゴン市からバス移動などで訪れた内陸各地の医療施設では、どこも熱い歓迎を受けた。電気もない、飲料水の確保もままならない山奥の地なのに、予防接種がシステマティックに行われていることに驚いた。ワクチンは一定の低温度で保存しないと効果がなくなる。冷凍庫や運ぶためのクーラーボックスなど、いわゆる“コールドチェーン”が重要。単にワクチンを購入すればいいというだけでないと知らされた。

 そんな視察ツアーのさなか、ギターを弾きながら子どもたちと歌ったことも忘れられない。「少しだけミャンマー語を交えて歌ったりしました。楽しかったですね」。日本の有名な曲を歌ったら、キョトンとする大人もいた。聞くとミャンマーの歌手が歌ってヒットしたようで、それが日本の曲だとは思っていなかったようだ。

 いちばん印象に残っているのは「子どもたちのキラキラした目」(真戸原)だったという。どう見ても不自由な暮らしだろうが、生き生きとした子どもたちに触発された。「音楽を通じて交流を持ちたいとずっと思っていたので、それをかなえることができてうれしい」と真戸原。恵まれた環境でこれまで好きな歌を歌ってこられた自分を見つめなおすきっかけにもなった。

 帰国後間もなく始まるコンサートツアーを前にして、「何があっても笑顔で前向きに…」という気持ちが大切。曲作りのテーマにも変化が表れ始めている。
  
 アンダーグラフとしては新曲「去年今年(こぞことし)」を年内に配信限定でリリースする。日本がいちばん日本らしいとき「お正月」を、バンドで歌いたかった。アルファベットやカタカナが一度も出てこない詩、ほのぼのとしたメロディが彼ららしい。

<アンダーグラフ>
1999年結成、ボーカル&ギター・真戸原直人をリーダーとした3人組。2004年のメジャーデビュー曲「ツバサ」が30万枚を超える大ヒット。数多くの作品を発表し、コンサートツアーを開催するなど精力的に活動を続けている。08年からJCV(認定NPO法人「世界の子どもにワクチンを日本委員会」)を通じてCD売り上げの一部を寄付している。

<ライブツアー>
11月21日(水)大阪・心斎橋JANUS、23日(祝・金)名古屋・ell.FITS ALL、25日(日)仙台・PARK SQUARE、30日(金)東京・渋谷WWW



関連写真

  • ミャンマーの小学校にて、子どもたちと笑顔で交流するアンダーグラフ・真戸原直人(写真/増田玄樹)
  • 地元ミュージシャンとセッション(写真/増田玄樹)
  • ポッパ山の保健所でワクチンの接種を受けた母子と(写真/増田玄樹)
  • 首都ネビドーの予防接種拡大センターで現地の医師と(写真/増田玄樹)
  • 「世界の子どもにワクチンを」活動でミャンマー視察したアンダーグラフ・真戸原直人(写真/増田玄樹)

オリコントピックス