ドラマ&映画 カテゴリ

“100キロ超”渡辺直美、貧しい苦労時代振り返る「チラシ見て食べたつもり」

 タレントの渡辺直美が6日、都内で行われた海外アニメ『フィニアスとファーブのトークしまショー』の出演記念イベントに登場した。渡辺は、サッカーのデビッド・ベッカム、歌手のテイラー・スウィフトなども出演した番組に、お笑いコンビCOWCOWとともに、日本人として初めて出演。セレブの仲間入りを喜ぶ渡辺は、「小さい頃から貧乏でだいぶ苦労してきた。チラシを見ながらお腹いっぱい食べたつもりで印をつけていた時もあった」と遠い記憶に思いを馳せた。

【写真】その他の写真を見る


 渡辺は、「和製ビヨンセ」のネタなどでブレークし、「ハンバーガーでもなんでも好きなだけ食べられるようになった時、私、セレブになったなと思います」としみじみ。某ステーキのチェーン店で、メニューにない250gのフィレステーキ(通常は150g)を無理やり頼んでオーダーした武勇伝も明かした。

 いまや、体重100キロ超の渡辺だが「ぱっと見、そう見えないでしょう。ダイエットはまだ始めていないんですけど、そろそろ、夏が終わったらやろうかな。夏バテ気味なので、元気になったら運動を始めたい。まずマイナス10キロが目標」と話していた。

 渡辺、COWCOWが出演するのは、BS・CS、全国のケーブルテレビ局で放送中のディズニー・チャンネルの人気アニメ『フィニアスとファーブ』から生まれたミニトーク番組。実在のスターがアニメーションの中にゲストとして登場。アニメのキャラクター、フィニアスとファーブがMCを務め、ゲストに無理難題を押し付けることもある。

 アニメーションと実写の合成映像に出演するのは始めてだった渡辺は「目線をあわせるのが難しかった」と収録を振り返り、「普通の人間だったらできないようなことをやっているので、ぜひ見ていただきたい」とアピール。得意のダンスも番組内で披露している。

 イベントでは、SPを従え、レッドカーペットを裸足でウォーキング。ビヨンセも愛用するブランドのジュエリーで着飾り、ビヨンセの曲「Dream Girl」のパフォーマンスで笑いを誘った。ハリウッドのウォーク・オブ・フェームを真似して、手形プレートも作成し、セレブ気分を満喫した渡辺。「ディズニーが大好きなので、初めて関わったのが、まさかディズニーのアニメーションの中に入るとは。めちゃくちゃ嬉しかった。これで、セレブと方を並べることもできたので、海外(進出)も行けるんじゃないかな」とご機嫌だった。

 渡辺が出演する『フィニアスとファーブのトークしまショー』は8月15日(水)、午後6時30分より放送。COWCOWは前日の14日(火)、午後6時30分より放送。両日とも日本初放送エピソードを含む特別編成の『フィニアスとファーブ 熱闘!ペリー・スポーツ』を放送する。

関連写真

  • 出演記念イベントに出席した渡辺直美 (C)ORICON DD inc.
  • ハリウッドの真似をして手形プレートを作成した渡辺直美 (C)ORICON DD inc.
  • 海外アニメ『フィニアスとファーブのトークしまショー』の出演記念イベントに出席した渡辺直美 (C)ORICON DD inc.
  • ビヨンセ愛用のジュエリーでセレブ気分を満喫する渡辺直美 (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索