さんみゅー(β)、故・岡田有希子さんの代表曲でデビュー

 大手芸能事務所・サンミュージック初のアイドルグループとして誕生した平均年齢15歳の10人組・さんみゅー(β)が、4日にインディーズデビューする。デビュー曲には、同事務所の大先輩で86年に18歳で亡くなったアイドル歌手・岡田有希子さんの代表曲「くちびるNetwork」をカバー。同事務所21年ぶりの新人アイドルとなったリーダーの西園みすず(17)は「自分たちがノリノリで歌った曲がお母さんも歌えるってすてき」と思い入れを語った。

【写真】その他の写真を見る


 同グループは、アイドル育成プロジェクトから誕生。昨年11月18日に『ニコニコ動画』内に公式チャンネル「さんみゅー」を開設し、全国の養成所18校約1000名のレッスン生からオーディションを経て勝ち残った第1次候補メンバー11人でスタートした。途中メンバーが追加され、動画配信で公開される特別レッスンやラジオ放送などを重ねて10人に絞られた。先月行われたチャリティーイベントで正式メンバーが披露目された。

 同曲がカバーされるのは今回が初で、4日、5日に行われるイベント『TOKYO IDOL FESTIVAL 2012』で初披露となる。デビューCDは会場で即売され、今後ライブ会場やサンミュージックのサイトなどで売られる。関係者は「世代を超えて愛される曲。特別な曲なので21年ぶりのアイドルに歌わせてみたい」と選曲したといい、ダンスを交えてパフォーマンスできるようアップテンポに編曲されている。

関連写真

  • インディーズデビュー曲「くちびるNetwork」のジャケット写真
  • さんみゅー(β)の(上段左から)西園みすず、中山冴恵、木下綾菜、長谷川怜華、小林弥生、(下段左から)京極友香、新原聖生、山内遥、野田真実、後藤翼ジェニー
  • 岡田有希子さんの「くちびるNetwork」ジャケット写真

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索