アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 髪のエイジングケアにおすすめの成分とは?

髪のエイジングケアにおすすめの成分とは?

 美しい髪、健康的な髪は男女問わず憧れるもの。しかし、健康な髪や頭皮を維持するためには、どのような成分が含まれているシャンプーやコンディショナーを使えばいいのだろう。エイジングケア商品を展開するステラ ジャルディーノ社の鈴木靖子社長に、健康な髪や頭皮を維持するためにおさえておきたい成分について聞いた。

●髪や頭皮に潤いを与える保湿成分&保水成分

 「髪のアンチエイジングには、保湿成分や保水成分が必要不可欠。具体的には、ローヤルゼリーエキスやコラーゲン、セラミドなどです」(鈴木社長)。

 ローヤルゼリーエキスには、美容に有効な成分がバランスよく配合されているため、保湿・保水の効果が期待でき、コラーゲンは髪や頭皮に潤いを与え、保護する働きがあるという。また、セラミドも保水の役割があるため、潤いを保つには欠かせないとか。肌に関しては乾燥を気にする人が多いが、髪や頭皮も乾燥は大敵。保湿・保水に気を配ろう。

●気になる脱毛や白髪、注目の成分は?

 気になる人も多いであろう白髪や育毛。これらに良い成分はあるのだろうか?「過剰な皮脂の分泌や細胞の老化を抑え、頭皮のコンディションを正常に保つことで、脱毛や白髪を予防したり、育毛の促進を図ることができます」(同)。

 鈴木社長がすすめてくれたのは、脱毛予防や育毛促進は育毛剤などにも活用されているグリチルリチン酸。白髪にはセンブリエキスのほか、高麗ニンジンエキスや山椒エキスといった自然由来の成分。脱毛や白髪などは年齢や遺伝などで抗えないこともあるが、これら成分で頭皮環境を整えることは大切だ。

●抗酸化・抗炎症で注目のオーガニックエキス

 「紫外線やストレスなどによって体に炎症が起きると、活性酸素が発生します。この活性酸素は体を酸化する働きがあるため、エイジング現象につながってしまうんです」(同)。

 抗酸化作用があると言われているのは、シソエキスやペパーミント、西洋ハッカ葉、大豆などのオーガニックエキス。また、アロエベラやユーカリ葉、茶葉などは抗炎症作用が期待されている。現在の髪や頭皮の状態は良好でも、10年後20年後はどうなっているかわからない。エイジングケアのためにも、これらの成分が含まれたシャンプー&コンディショナーに注目してみては?



タグ

オリコントピックス