• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 「24時間テレビ」嵐・相葉、登山に挑む少女を全力サポート 史上初の屋久島登山生中継も

「24時間テレビ」嵐・相葉、登山に挑む少女を全力サポート 史上初の屋久島登山生中継も

 8月25・26日放送の日本テレビ系『24時間テレビ35 愛は地球を救う』内で、メインパーソナリティ・相葉雅紀が臨むドキュメント企画が15日、発表された。相葉は、初の登山に挑む義足の少女・藤井美穂さん(17)を応援するべく、番組会場となる東京・日本武道館から声援を送り全力サポート。また、同局では登山の模様をリアルタイムで届けるために、史上初となる屋久島登山の生中継も実施する。

 茨城県水戸市在住の藤井さんは、右足ふとももより下が義足の少女。高校では健常者と同じように陸上部に所属しているほか、義足の陸上クラブ「ヘルスエンジェルス」にも在籍し、2016年のリオ・パラリンピックを目指している。

 「なんでもやってみたい」というチャレンジ精神旺盛な藤井さんは今回、世界遺産の鹿児島・屋久島の“推定樹齢7000年”といわれる縄文杉を目指し、往復約20キロメートル、標高約1300メートル、所要時間10時間の過酷な道のりに挑戦。“応援隊長”として藤井さんを支える相葉は「美穂さんの頑張りで大きな感動が生まれる瞬間を、全国の皆さんと一緒に一生懸命応援したいと思っています」と使命感をにじませた。

 さらに、同局では屋久島登山の生中継を初めて実施。「荒川登山口〜縄文杉までの道のり10kmは杉に覆われ電波が届かない」、「ヘリポートがないため、一人50キロもの機材を背負っての登山」など悪条件な中、技術担当者は「屋久島登山の生中継は史上初の出来事。『箱根駅伝』や『キリマンジャロ登山』で培った日本テレビ技術スタッフの総力をあげ、必ずや実現させるべく全力を尽くします」と並々ならぬ気合いで挑む。

オリコントピックス