ドラマ&映画 カテゴリ

内田有紀、亀梨主演作『俺俺』のヒロインに! “大人の魅力”で年下男を翻弄

 女優・内田有紀(36)が、KAT-TUN亀梨和也(26)が「1人で25役の“俺”」を演じる主演映画『俺俺』(三木聡監督/2013年公開)のヒロインを務めることが2日、発表された。2人の共演は、2009年放送の日本テレビ系ドラマ『神の雫』以来3年ぶり。久々の共演に亀梨は「相変わらずナチュラルな方で、元気で天真爛漫で素直な女優さん」と変らない魅力を絶賛し、内田も「引っ張ってくれました」と10歳年下の亀梨の頼もしさを称えた。

 同作は、ドラマ『時効警察』(テレビ朝日系)などで独自の世界観を展開し、推理モノでさえコミカルなテイストを盛り込んできた三木監督の最新作。郊外の家電量販店で働く平凡な主人公・均(亀梨)が、なりゆきでオレオレ詐欺をしたことから事態は一転。増殖していく“俺”だらけの世界に当惑しつつ、やがて“俺”同士の削除が始まるという異色ミステリーで、「ミリタリーマニアの俺」、「巨乳の俺」、「全身タトゥーの俺」など全25種もの“俺”が登場する。

 内田が演じるのは主人公に仕事を依頼するミステリアスなヒロイン・サヤカ。自立した大人の女性で、思わせぶりな言動で均を翻弄する。三木監督は、過去に『亀は意外と速く泳ぐ』(05年)で上野樹里、『転々』(07)で吉高由里子、『インスタント沼』(09)で麻生久美子らからユーモラスな一面を引き出しており、初参加となる内田がどのような新境地を切り開くのか、注目が高まる。

 「以前より参加させていただきたかった三木組。お話をいただいた時はとても嬉しかった」と率直な思いを語る内田。ミステリアスな女性を演じるにあたり「現実味があるような、ないような、ということを意識しました」と回顧。一方、主演の亀梨については「バランスの取れた方、プロですね」と高く評価していた。

 三木監督は、内田について「作品に対して持ち込んでくるポテンシャルの高さと、こちらがどういうことを要求しているのかということを、内田さんなりに理解して望まれる読解力が高い女優さん」と起用に満足げ。タッグを組んだ亀梨も「一緒に仕事していく過程でコミュニケーションが取りやすかった」と、頭の回転の速さを明かした。

 また家電量販店のイヤミな上司・タジマ役には『インスタ〜』からの続投で加瀬亮が登板。「脚本も、ユーモアと毒のある奇妙な世界でひきこまれました。とにかく三木監督の映画なので、変な作品に仕上がるようにと思って演じていました」と、髪型を七三ならぬ九一に分けたインパクトのあるビジュアルで、サヤカ(内田)が自分に気があると自惚れる“面倒な男”を強烈に演じる。

 このほか、高橋惠子キムラ緑子ら大物女優陣に三木作品の常連のふせえり岩松了松重豊松尾スズキらも名を連ねる。原作は作家・星野智幸氏の同名タイトル(新潮社刊)。

関連写真

  • 謎めいたヒロインを演じる内田有紀
  • 強烈な“嫌味な上司”を演じる加瀬亮

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索