ドラマ&映画 カテゴリ

映画『おしん』、主役を一般公募する理由

先日、NHKの連続テレビ小説『おしん』(1983〜84年)の実写映画化が正式に発表され話題を集めたが、主人公のおしんを演じる子役はプロ・アマ問わず、オーディションで選ぶことが決定している。ドラマ版では当時小学5年生だった小林綾子が大ブレイクした重要な役どころだけに、人気子役を起用しないのは意外とも言える。その理由について、製作を担うセディックインターナショナルの宣伝担当者は「あの瑞々しく、素朴で健気なおしんのイメージにぴったりな人に出会うため」と、意欲的に語っている。


タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索