アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 剛力彩芽、巨匠R・スコット作品で実写吹替え初挑戦 明るさ封印「120%以上の力で」

剛力彩芽、巨匠R・スコット作品で実写吹替え初挑戦 明るさ封印「120%以上の力で」

 女優の剛力彩芽が、映画『エイリアン』などで知られるSF作品の巨匠リドリー・スコット監督の新作『プロメテウス』で、“人類の起源”の秘密に迫るヒロインの声を務めることが10日、わかった。今年3月に『日本映画批評家大賞』新人賞を受賞し、来年のNHK大河への出演も決定と女優として注目を集めている剛力は、初のハリウッドとなる同作で実写吹き替えに初挑戦。これまでの明るくハツラツとしたキャラクターから一転、過酷な運命に立ち向かう女性科学者を演じる。

 今回の抜てきに「120%以上の力で思い切りぶつかっていきたいと思います」と剛力。「初めて実写映画の吹替えや、ハリウッドデビューなど、新しいことだらけの中で、緊張や不安もいっぱいですが、またスタートラインに立った気持ちで監督の世界観に入っていけるように頑張りたい」と、新境地に意欲を燃やす。

 剛力が声優を務めるヒロインは、映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』(スウェーデン版)で強烈な演技を見せたノオミ・ラパス。自身の撮影を振り返り、ノオミは「エリザベスは劇中で壮絶な体験をするので、そんな人がかわいらしいセクシーな声ではいけないと思う。自分の声はより動物の叫びのように、虚栄心など必要ないと思って演じたので参考にしてもらえれば」と剛力にアドバイスを送っている。

 配給元の20世紀FOX映画では「新たなヒロイン像を演じることのできるカリスマ性と演技力の両方を合わせ持つ女優さんを探していました」と剛力にオファーをかけ、「剛力さんを起用できたことで、映画の成功は約束されたといっても過言ではありません」と太鼓判を押す。

 映画『プロメテウス』は人類の起源の謎に迫る、壮大なエピック・ミステリー作。“人類はどこから来たのか?”という謎を解き明かす重大なヒントを地球上の古代遺跡で発見し、宇宙船プロメテウス号に乗って未知の惑星を訪れた科学者チームの、想像を絶する運命を描く。8月24日より3D、2D同時上映で全国ロードショー。



関連写真

  • 初のハリウッド作で女科学者を演じる剛力彩芽(映画『プロメテウス』より)
  • 【場面写真】剛力彩芽が演じる女科学者エリザベス・ショウ
  • 【場面写真】リドリー・スコット監督の最新作はエピック・ミステリー

オリコントピックス