• ホーム
  • 芸能
  • ハイパーメディアフリーター黒田勇樹が3年ぶりドラマ出演

ハイパーメディアフリーター黒田勇樹が3年ぶりドラマ出演

 元俳優で現在“ハイパーメディアフリーター”の肩書きで活動中の黒田勇樹が、現在放送中の深夜ドラマ『ロボやん』(毎週水曜 深夜1時30分 千葉テレビ放送)第6話で約3年ぶりにドラマ出演することがわかった。

 ドラマ出演はテレビ朝日系特撮番組『仮面ライダーディケイド』(2009年)以来3年ぶり。今回は近所の公園に出没し主人公の相談に乗る自称“ハイパーメディアフリーター”黒田ニーサン役として登場。黒田は、ORICON STYLEの取材に対し「遊ぶ金欲しさに演った。後悔はしていない」と、清々しいまでのコメントを寄せている。

 『ロボやん』は、家庭の事情で帰宅時に自ら家の鍵を持参している“鍵っ子”の小学2年生・野口健太(野口魁生)と、父が商店街で購入したロボットの「ロボやん」が繰り広げる生活をコミカルに描く一話完結型短編ドラマ。黒田は6日(水)放送回に登場する。



関連写真

  • “ハイパーメディアフリーター”黒田勇樹
  • 劇中で活躍するロボット・ロボやん
タグ

オリコントピックス