• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • プリプリ16年ぶり復活劇に『情熱大陸』が密着 メンバー5人のいまに迫る

プリプリ16年ぶり復活劇に『情熱大陸』が密着 メンバー5人のいまに迫る

 1980年代後半から90年代前半にかけてヒットを連発した女性5人組バンド・プリンセス プリンセスが、4月8日放送のドキュメンタリー番組『情熱大陸』(毎週日・後11:00〜 MBS・TBS系)に登場することが29日、わかった。東日本大震災をきっかけに16年ぶりに再結成後、初のステージとなった3月20日の復活ライブの舞台裏に独占で密着する。

【写真】その他の写真を見る


 かつて、ガールズバンドの草分け的存在として一世を風靡した5人も、いまや40代後半のアラフィフ世代。結婚、出産を経験し、子育てに忙しい者もいれば、離婚して独身で働くメンバーも。彼女たちは、16年という時間をどのように過ごしたのか。その間に何を失い、何を得たのか?

 番組では、東日本大震災をきっかけに久しぶりに連絡を取り合い「やるからには同窓会的なものではなく、16年前以上の演奏を目指そう」と、スケジュールの合間を縫って密かに続けてきた練習風景、再結成後初のステージとなった復活ライブの舞台裏を追った。

 それぞれの「いま」がわかるプライベート映像もふんだんに盛り込まれた。俳優・岸谷五朗と結婚し、小学生2人の母となったボーカルの岸谷(旧姓・奥居)香。解散後もインディーズで音楽活動を続ける中山加奈子(G)。映画監督で俳優の利重剛と結婚し、出産後は趣味のガーデニングや木工を楽しむ今野登茂子(Key)。音楽学校の副校長として全国を飛び回るリーダーの渡辺敦子(B)。2児の母となり、ゲームに熱中する息子に小言を繰り返す毎日という富田京子(Dr)――。

 “プリプリ”の愛称で親しまれ、「Diamonds」(1989年4月発売)、「世界でいちばん熱い夏」(同7月発売)などのヒットを連発、日本の音楽シーンの頂点を極めた彼女たちだが、全盛期のような体力がなくなっていることは自分たちが一番わかっているという。それでも、それぞれの生活や事情を背負いながら全身全霊をかけて演奏する姿は、いまを生きる日本の40代女性の縮図のようにも見える。

 番組プロデューサーの大島新氏は「90年代も珍しい存在だったガールズバンドが、16年の時を経て、いまだ誰も通ったことがない道を切り開くさまは、多くの女性たちに勇気と共感をもたらすでしょう。リハの途中にかかって来た子どもからの電話に「お母さんはいま忙しいから電話かけてこないで」と言い切る飾らない素顔は、年輪を重ねた女性の魅力に富んでいます。そこには平均年齢46歳の“ダイヤモンド”が光って見えました」と話す。

 16年の時を経て、再びステージに立った5人。「伝説のロックバンド」が奮闘し、再び華やかなステージに立つ姿は、往年のファンならずとも胸に迫るものがあるだろう。

関連写真

  • プリンセス プリンセス、復活ライブの舞台裏に『情熱大陸』が独占密着 (C)MBS
  • 無事、復活ライブを終えて乾杯!
  • プリンセス プリンセスのメンバーそれぞれの「いま」にも密着(C)MBS
  • プリンセス プリンセスのメンバーそれぞれの「いま」にも密着(C)MBS

オリコントピックス

 を検索