• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • フジテレビ、ネット動画を駆使してオーディション番組

フジテレビ、ネット動画を駆使してオーディション番組

 フジテレビで、深夜に「YouTube」を利用したオーディション番組『フジテレビに出たい人TV』(4月9日より毎週月曜 深0:45〜1:10)がスタートする。司会にお笑いコンビ・さまぁ〜ず、番組アシスタントに元NHKの気象情報担当だった半井小絵を起用し、日本の未知なる逸材はもちろんのこと、世界各国の一芸に秀でたユニークな外国人を発掘していく。

 「フジテレビに出たい」と思っている人が自慢の一芸を番組ホームページに投稿すれば、それがそのまま「YouTube」内にある番組公式チャンネルにアップされ、好評ならば番組でも放送されるシステム。つまり、「YouTube」での評価がそのままオーディションとなる。

 番組は、さまぁ〜ず・大竹一樹が社長、三村マサカズが専務を務める古びた芸能事務所「大竹プロ」を舞台に進行。「YouTube」を通じて一般募集した素人だけでなく、若手もベテランも、有名無名にかかわらず、同局の番組に出演したい芸能人のPR映像も審査する。「プロアマ問わず世界中からおもしろ動画が見られるということで、楽しみにしています。家にパソコンがないので」(大竹)、「YouTubeの全貌がよくわからないので、なんじゃこりゃっ!っていう動画が見たいです」(三村)と期待を膨らませる。

 また、NHKで「7時28分の恋人」と言われた半井は、民放番組での初レギュラー出演となる。「バラエティ番組への出演は、私の中では未知の世界。不慣れですので、さまぁ〜ずさんに引っ張っていただきたいと思います」と初々しく語っていた。

 番組内で“オススメキャラ”を見つけたら、積極的に局内の各番組に売り込み、出演交渉もするという。チーフプロデューサーの石川綾一氏は「プロアマ問わず、まだ世に知られていない逸材を発掘して、フジテレビの既存番組にどんどん供給していくことが目標です。みなさんも気軽に自己PR動画を投稿してみてください!!」と呼び込む。ものまね名人の女子高生が『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦』に出演したり、演技力抜群の少年が“月9”に出演したりするかもしれない。夢を実現させるための、夢のような番組になりそうだ。

オリコントピックス