ドラマ&映画 カテゴリ

吉永小百合が森山未來、満島ひかりら若手俳優を絶賛

 女優の吉永小百合が主演する東映創立60周年記念映画『北のカナリアたち』のクライマックスシーン撮影が12日と13日の2日間、北海道・礼文島で行われた。主人公・はるの20年前の教え子を演じる森山未來満島ひかり勝地涼宮崎あおい小池栄子松田龍平と共演した吉永は、「(台本に書かれていない)20年の歳月をきちっと作って、それを埋めて表現するのを目の当たりして、逆に学ぶことも多かったです」と若手俳優たちを絶賛。さらに「(自分が)俳優をやっていなかったらこんな素敵な教え子たちに出会えなかった」と嬉しそうに語っていた。

 同作は作家・湊かなえの『往復書簡』(幻冬舎刊)に収録されている「二十年後の宿題」を原作に、阪本順治監督がメガホンをとったヒューマンサスペンス。東京の郊外で図書館の司書をしている川島はる(吉永)はある日、20年前に北海道の離島で教師をしていた頃に出会った“天使の歌声”を持つ教え子6人のことを思い出す。そのとき、教え子が起こした“ある事件”のことを知ったはるは、20年ぶりに教え子たちと再会を果たしていく。

 撮影時の印象を「吉永さんとのシーンは監督から、目を見ないでお芝居して欲しいと言われていたので大変でした」と語った宮崎だが、「歌の練習で先生の目を見られたときには、涙が出るくらい幸せでした」と感無量の様子。その場でカットがかかった後に、吉永がハグをしてくれたエピソードも明かし、「寒い現場ですが、暖かい現場です」と嬉しそうに語っていた。

 一方の小池は「はる先生(吉永)とお芝居すると言葉では言い表せない、感情になるんです」。「七重という役は造船所で働く、男勝り女の子、でも孤独さや寂しさを持っている。先生を目の前にすると、甘えられて、自然と演技ができました」と吉永の持つ包容力に役者としても包み込まれていたようだ。

 同作について吉永は、「今回の作品は現在と過去が交互に出てくるシナリオになっているのですが、20年前の子供たちとのところは第1幕、現在の若者6人のところが第2幕、映画を観終わったら、それから第3幕が始まるような感じになると思います」とコメント。「“再生”というか、明日に向かって新しい第一歩を踏み出していくような新しいジャンルの映画になるのではと思っています」と、手ごたえをにじませた。

 映画『北のカナリアたち』は、2012年秋以降全国ロードショー。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索