ドラマ&映画 カテゴリ

“元祖天才子役”杉田かおる、愛菜ちゃんを絶賛「オーラが違う」

天才人気子役・芦田愛菜にエールを送った“元祖天才子役”杉田かおる (C)ORICON DD inc.

天才人気子役・芦田愛菜にエールを送った“元祖天才子役”杉田かおる (C)ORICON DD inc.

写真ページを見る

 “元祖天才子役”の女優・杉田かおる(47)が16日、都内で行われた映画『ダーク・フェアリー』(21日公開)子役吹替オーディションにゲスト審査員として出席した。杉田は、先日に人気子役の芦田愛菜(7)と初対面したことを明かし「オーラが違った。日本を救ってくれるんじゃないかってくらいです」と大絶賛。また、昨今の子役ブームに対し「今の子役は歌や踊りもできなきゃいけないマルチタレントみたいになっていて、ハードルが高くなった気がして大変だと思う」と心配そうに語り、「苦しいと続かないと思うので、好きや楽しいという気持ちを持ち続けてください」とエールを送った。

【写真】その他の写真を見る


 この日のオーディションでは、劇中で恐怖体験に巻き込まれる少女・サリー(ベイリー・マディソン)の日本語吹替版の子役を決定。ドラマ『パパと呼ばないで』(1972年)でブレイクし、映画『小さな恋のメロディ』などの吹替も経験している杉田は「40年前の人気子役、杉田かおるです」とあいさつし、「昔の経験を思い出しながら審査させてもらって、くれぐれも私のようにはなるなと言っておきたい」と笑いを誘った。

 ファイナリスト6人がそれぞれアフレコを行い、最終審査の結果、14歳の山口愛さんが見事選出。杉田は「皆さん本当に素晴らしい。昔と違って映画を観る機会が多くなって完成も良くなってるし、洗練されてる」と子役の演技に舌を巻き、「途中で辛いことがあっても挫折せずに、最初に考えていた夢を突き進んでください」とアドバイスを送った。

 同作は『パンズ・ラビリンス』『ヘルボーイ』を手がけたギレルモ・デル・トロが製作・脚本を務めたショッキング・スリラー。1973年の『地下室の魔物』の完全リメイク作品で、欧米に伝わる子どもの歯を抜いて食べる邪悪な妖精“トゥースフェアリー”をモチーフにした戦慄のおとぎ話が描かれる。

関連写真

  • 天才人気子役・芦田愛菜にエールを送った“元祖天才子役”杉田かおる (C)ORICON DD inc.
  • オーディションの様子 (C)ORICON DD inc.
  • 映画『ダーク・フェアリー』の子役吹替オーディションのゲスト審査員を務めた杉田かおる(左と)見事選出された山口愛さん (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索