アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 山田孝之、撮影から1年…主演作公開に安堵 「やっと今日で終わり」

山田孝之、撮影から1年…主演作公開に安堵 「やっと今日で終わり」

 俳優の山田孝之が19日、都内で行われた主演映画『指輪をはめたい』の公開初日舞台あいさつに登壇した。山田は「ちょうど1年前に撮っていて、取材もいっぱいやって、やっと今日で終わりかと安心しています」とほっとした様子。ヒロインの小西真奈美真木よう子池脇千鶴二階堂ふみ岩田ユキ監督に囲まれ“ハーレム”状態の舞台あいさつとなり、客席から「羨ましいぞ!」と声が飛ぶと「ありがとうございま〜す」とテレ笑いを浮かべた。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、頭を打って恋人に関する記憶だけを喪失した30歳目前の独身男性・片山輝彦(山田)が主人公の芥川賞作家・伊藤たかみによる同名小説を映画化。輝彦の目の前にタイプのまったく違う“彼女”と名乗る 3人が現れ、自身のカバンから見つけた“婚約指輪”を渡す相手を見つけようと、不思議なスケート少女・エミ(二階堂)に相談しながら失くした恋の記憶をたどるというラブストーリーが描かれる。

 小西は「役者だけしていますと皆さんにお会いする機会がないので、今日たくさんの方が来てくださったのを見て嬉しく思います」とニッコリ。緊張の面持ちの二階堂は「今日は『指輪をはめたい』ってことで、薬指だけピンクのマニキュアを塗ってきました。それくらい楽しんでいます」とかわいらしく薬指を見つめた。

 記憶喪失の男性が結婚相手を探す物語に絡めて「もし自分が記憶喪失になって、“恋人”だと名乗る異性が現れたらどうするか」と質問されたキャストらは、戸惑いながらもしばらくともに過ごすことで“見極める”と回答。そのなかで、真木だけは「多分普通に付き合うと思います。もし本当に恋人だったらかわいそうだしっていう思いやりから、『うん、付き合おうか』ってすぐなっちゃうと思う」と思い切った答えで会場の笑いを誘っていた。



関連写真

  • 映画「指輪をはめたい」初日舞台挨拶に登壇した山田孝之 (C)ORICON DD inc.
  • 映画「指輪をはめたい」初日舞台挨拶に登壇した小西真奈美 (C)ORICON DD inc.
  • 映画「指輪をはめたい」初日舞台挨拶に登壇した真木よう子 (C)ORICON DD inc.
  • 映画「指輪をはめたい」初日舞台挨拶に登壇した池脇千鶴 (C)ORICON DD inc.
  • 映画「指輪をはめたい」初日舞台挨拶に登壇した二階堂ふみ (C)ORICON DD inc.
  • (左から)二階堂ふみ、真木よう子、山田孝之、小西真奈美、池脇千鶴、岩田ユキ監督 (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス