• ホーム
  • 映画
  • 岡田将生、主演作公開初日あいさつで男泣き

岡田将生、主演作公開初日あいさつで男泣き

 俳優の岡田将生、女優の榮倉奈々らが19日、都内で行われた映画『アントキノイノチ』初日舞台あいさつに出席した。岡田は、舞台あいさつ終盤に瀬々敬久監督から「現場での無邪気な笑顔と子どものような会話で、どれだけ場が和んだか。撮影を引っ張ってくれたのは岡田くんだと思っています」と手紙を読み上げられると思わず男泣き。その後も共演者から次々とメッセージと花束が贈られ「なんだよ皆、初日なのになんかそっけないなと思ってたのは、こういうことだったんですね。ちくしょう。ありがとうございます」と、顔をクシャクシャにしながら喜んだ。

【写真】その他の写真を見る


 岡田の涙にもらい泣きした榮倉は「岡田くんの純粋な気持ちが映画を助けてくれたし、一緒に頑張れました。また仕事しましょう」と感謝。ネプチューン原田泰造からは「岡田くんのおかげで現場が盛り上がった。子どもっぽいからって小学2年生みたいって呼んですみません。大学生に上がりました」とのコメントが送られ、松坂桃李は岡田と熱い抱擁を交わした。

 花束を抱えて感無量の岡田は「撮影中に震災があって、すごい辛くて。このまま撮影してていいのかなとずっと思ってたけど、この映画を通して命の大切さや人との繋がりが届けられればと信じて、やり遂げました」と撮影を振り返った。そして、ぎっしり埋まった客席から拍手を浴びながら「この映画をやれて、本当に良かった」と充実の表情を浮かべた。

 同作はシンガー・ソングライターのさだまさしが、若者に向けたメッセージとして書き上げた同名小説が原作のヒューマンストーリー。高校時代に友人を殺したことがきっかけで心を閉ざしてしまった永島杏平(岡田)と、ある出来事がきっかけで心に傷を負った久保田ゆき(榮倉)が、遺品整理業という仕事を通して生きる勇気を取り戻すまでを描く。



関連写真

  • 男泣きする岡田将生 (C)ORICON DD inc.
  • 映画『アントキノイノチ』初日舞台あいさつの様子 (C)ORICON DD inc.
  • 榮倉奈々 (C)ORICON DD inc.
  • 男泣きする岡田将生 (C)ORICON DD inc.
  • 男泣きする岡田将生 (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス