アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 大竹しのぶ、“34年越し”のピアフ役に初挑戦

大竹しのぶ、“34年越し”のピアフ役に初挑戦

 女優の大竹しのぶ(54)が13日、都内で行われた主演舞台『ピアフ』の製作発表会見に出席した。大竹は20歳のときに「(中村)勘三郎さんに『この本読んでみて』って渡されたのが、ピアフの分厚い自伝。LPを買ってピアフの歌と出会ったのを覚えています」とシャンソン女王との出会いをしみじみ振り返った。今回ピアフ役に初挑戦することになり「ピアフを演じられるなんて夢のよう」と喜びを口にした。

【写真】その他の写真を見る


 1970年代後半にパム・ジェムス作で誕生し、さまざまな女優によって演じられてきた『ピアフ』。2008年の英ロンドンでの上演のためジェムス自ら書き下ろした決定版が、今回日本初演となる。貧困街で生まれ路上で歌う若い頃から他界する47歳までのエディット・ピアフの人生を数々の名曲とともに表現する大竹は「後悔しないっていう生き方は私も同じ。一生そうやって生きていけたらいいな」と自身との共通点を明かした。

 劇中ではピアフを愛する数々の男性たちが登場。ピアフの生涯最後の恋人役を演じる碓井将大(19)は、「10代最後の作品になると思うので、僕が大竹さんの最後の恋人を全うしたい」と35歳差のカップル役に意気込むと、大竹は手で顔を覆って驚愕の表情を浮かべ、「10代の子と恋人なんて本当にすみません。心だけは恋人に見えるように頑張りたい」と笑わせていた。

 会見にはほかに田代万里生山口馬木也梅沢昌代高橋和也、翻訳を手がけた常田景子氏が出席。ミュージカル『ピアフ』は東京・日比谷シアタークリエにて10月13日から11月6日まで上演。そのほか新潟、富山、金沢、大阪、名古屋の5都市でも上演。



関連写真

  • エディット・ピアフ役に初挑戦する大竹しのぶ (C)ORICON DD inc.
  • 主要キャストが出席 (左から)高橋和也、碓井将大、大竹しのぶ、田代万里生、梅沢昌代、山口馬木也 (C)ORICON DD inc.
  • 舞台『ピアフ』の製作発表会見に出席した田代万里生 (C)ORICON DD inc.
  • 舞台『ピアフ』の製作発表会見に出席した碓井将大 (C)ORICON DD inc.
  • 舞台『ピアフ』の製作発表会見に出席した高橋和也 (C)ORICON DD inc.
  • 舞台『ピアフ』の製作発表会見に出席した山口馬木也 (C)ORICON DD inc.
  • 舞台『ピアフ』の製作発表会見に出席した梅沢昌代 (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス