アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 特撮
  • 浜尾京介&渡辺大輔コンビ、晴れて「タクミくんシリーズ」卒業

浜尾京介&渡辺大輔コンビ、晴れて「タクミくんシリーズ」卒業

 ごとうしのぶの原作のBL小説を映画化したタクミくんシリーズ第5弾『あの、晴れた青空』(横井健司監督)が、東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムでレイトショーにて公開中だ。第2作『虹色の硝子』(2009年)からの浜尾京介渡辺大輔コンビは、同作をもってシリーズを“卒業”。20日に行われた初日舞台あいさつで浜尾は「4作品を演じていい勉強になりました」とファンに対する感謝の気持ちにあふれる思いを語った。

 同作は、永遠の愛をテーマに、全寮制男子校・祠堂学院の3年生になった葉山託生(タクミ)と崎義一(ギイ)の恋愛模様を描く。

 タクミ役の浜尾は「最後なので悔いなく演じ、みなさんを笑顔にできるよう演技に臨みました。今作品でギイに初めて声を荒げるシーンがありますが、恋人といっても仲がいいだけじゃなくケンカもするので、気持ちのまま演じました」。ギイ役の渡辺も「一役者として、精一杯やった集大成になっています。『青空』という自分の好きな言葉が入った作品で最後を迎えられて、とても縁を感じましたし、この作品で出会えて嬉しく思います」と話した。舞台あいさつには、シリーズの常連でもある赤池章三役の滝口幸広、横井監督が登壇した。

【動画】映画『あの、晴れた青空』予告編⇒


◆映画情報 最新映画ニュース一覧インタビュー バックナンバー




オリコントピックス